日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーさん「露出急増」のわけ

ジャニー喜多川社長、突然の“露出増”に見る「東京五輪への野望」跡目争いも決着か

janisan150122.jpg

 今年の元日、NHKラジオ第1の『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』にゲスト出演して話題を呼んだ、ジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長のインタビューが、21日付の朝日新聞朝刊に掲載された。

 喜多川氏は、事務所が求める人材の条件を「一つの芸だけではダメ」「うちの子は絶対、一つでは満足しない。オールマイティーになるようにしている。タレント兼演出家という人材も増やしていくように心がけている」とした。


 同紙は、27日まで上演されている『ジャニーズワールド』をクローズアップ。同公演が海外の観客を意識していることを取り上げ、喜多川氏は「海外の人に日本に来てもらい、楽しんでもらえる舞台を作りたい」と、演出の狙いを明かした。さらに、2020年の東京五輪を見据え「海外の選手たちが競技を終え、のんびりする夜の時間帯、日本の雰囲気を味わってもらうおもてなしが必要。芸能界で盛り上げていくことはできると思う」と話した。

「五輪イヤーには89歳を迎える喜多川社長だが、五輪は本人にとって“冥土の土産”ともいえる大イベント。所属タレントをテレビ各局のキャスターに押し込み、開会式・閉会式のショーをジャニーズタレント中心で成功させることを悲願にしている。そのため、これまであまり自らが露出することをよしとしなかったが、積極的にメディアに登場し健在ぶりをアピールしていくことになりそう。ただし、写真や映像を撮られるのが大嫌いなので、顔出しは100%NG。朝日の紙面にも、『ジャニーズワールド』の公演写真しか載っていなかった」(芸能デスク)

 高齢の喜多川氏が体調万全で五輪を迎えられることを祈りたいが、気になる後継者問題はどうなったのだろうか?

「喜多川氏の姉・メリー喜多川副社長の娘で、関連会社社長の藤島ジュリー景子氏でほぼ決まりといわれている。そうなると、当然、SMAPのチーフマネジャーのI女史は独立することになりそうで、自分の傘下のタレントを徐々に増やしている。最近は、ジャニーズ本体とI女史の派閥のタレントが仕事の面でも露骨に別れてしまっていて、ジャニーズが一枚岩でないことが丸わかり」(テレビ関係者)

 まだまだ先だが、東京五輪時、ジャニーズがどのタレントを前面に押し出すのかも気になるところだ。

最終更新:2015/01/23 11:43
こんな記事も読まれています

ジャニー喜多川社長、突然の“露出増”に見る「東京五輪への野望」跡目争いも決着かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

今年の元日、NHKラジオ第1の『蜷川幸雄のクロスオーバートーク』にゲスト出演して話題を呼...
写真