日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > TBS連ドラ全滅中で厳しい指摘

半年間「連ドラ全作品1ケタ」のTBS、今期も『まっしろ』『美しき罠』5%台大コケ中で“厳しい指摘”

masshiro0114.JPGTBS『まっしろ』公式サイトより

 テレビ朝日系『DOCTORS 3 最強の名医』、日本テレビ系『○○妻』、フジテレビ系『デート~恋とはどんなものかしら~』が15%前後の視聴率を記録する中、TBS系の連ドラばかりが、なんとも振るわない。

 今期のTBSは、堀北真希主演の医療ドラマ『まっしろ』、田中麗奈主演の愛憎劇『美しき罠 ~残花繚乱~』が、最新話で5%台にまで低迷。また、今をときめく西島秀俊主演の『流星ワゴン』も、重松清のベストセラー小説を原作に、豪華俳優陣をそろえたものの、初回11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と他局に遅れを取っている。

「今期、TBS系の連ドラで、最も数字を取っている生田斗真・小栗旬主演『ウロボロス この愛こそ、正義。』でさえ、平均視聴率は11%台とイマイチ。TBSといえば、前期でも『女はそれを許さない』『MOZU Season2 ~幻の翼~』『ママとパパが生きる理由。』が、共に全話平均6%台と大コケ。“全作1ケタ”という大惨事を招いた。さらに前々期でも、最も好調だった『おやじの背中』で、全話平均9.4%と1ケタ。TBSの企画力に、何か問題があるとしか考えられません」(芸能ライター)

 昨年4月期の唐沢寿明主演『ルーズヴェルト・ゲーム』以降、ヒット作を輩出できていないTBS。かつて「ドラマのTBS」ともてはやされた面影は、もうない。

「TBSの連ドラは、他局に比べ『遊び心が足りない』との指摘も。制作サイドの頭が固いせいで、視聴者の要望を柔軟にくみ取れていないのかもしれない。フジテレビのように、マーケティングや、過去のヒット作の続編化にばかり頼るのも考えものですが、TBSは今、制作体制を見直す時期といえそう」(制作会社関係者)

 なかなか視聴者の心をつかむことができないTBS。栄光の時代を、取り戻すことはできるだろうか?

最終更新:2015/01/30 16:00

半年間「連ドラ全作品1ケタ」のTBS、今期も『まっしろ』『美しき罠』5%台大コケ中で“厳しい指摘”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

テレビ朝日系『DOCTORS 3 最強の名医』、日本テレビ系『○○妻』、フジテレビ系『デ...
写真