日刊サイゾー トップ > 海外  > 実の親が娘を5年間ボロ小屋に監禁

実の親が娘を5年間ボロ小屋に監禁! ネット民が救出も、長年の拘禁生活で歩行困難に……

W020150227382682847203.jpg腐敗臭漂うゴミだらけの部屋に、5年間されていた女性

 長期にわたる監禁事件が続発する中国で、また衝撃的な事件が明らかになった。2月26日付の「荊楚網」によると、湖北省孝感市で5年にわたり、両親からボロボロの物置部屋に監禁されていた24歳の女性が、ネット市民の活躍により先日、ようやく救出されたのだ。

 事件が発覚したきっかけは、2月24日に中国版Twitter「微博」に寄せられた、「監禁されている女性がいるようだ」という書き込みだった。それを見たネット市民8名が少女の救出に駆けつけた。

 救出メンバーの一人は、地元紙記者に救出当日の様子をこう語る。

「救出当日の2月25日午後6時、他のネットユーザーたちと女性が監禁されていると思われる古い建物の扉を開けると、キツイ腐敗臭が漂ってきたんです。建物の中を見ると、藁(わら)が乱雑に床にばらまかれて、血のようなものが付着していました。床にはゴミに紛れて、監禁されていると思われる女性が眠っていました」

W020150227382682834586.jpg救出された女性は、長年の拘禁生活で足が変形し、まともに歩くこともできなかった

 彼らによって病院に運ばれた女性は、長年の監禁生活で足や背中が変形しており、歩くこともできなかったという。

 女性の母親が地元記者に話した内容によると、女性には精神疾患があり、全裸で外出してしまったり、弟を殴ってしまったりということがあったという。過去に精神科病院で治療も受けさせたが、快方に向かうことはなかったという。さらに女性の祖父は、女性が自らの意思でこの建物にこもるようになったと、記者のインタビューに答えた。

 しかし、この女性を知る関係者の話によると、女性が18歳だった2009年に、この女性が親戚の男性と交際をしたことが監禁の発端になったという。これに反対する家族によって、ボロ小屋に監禁されたのだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed