日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 殺人マシーンと化す、中国の遊園地

上海ディズニーランドにも不安……殺人マシーンと化す、中国の遊園地アトラクション

 昨年開業した上海ディズニーランドに限らず、中国では近年、テーマパークや遊園地が増加している。「長江網」(1月12日付)によると、中国には世界のテーマパークや遊園地の10%が集まっているというが、昨今の急増に伴い、アトラクションの事故件数も多発している。
 
 春節の連休が明けたばかりの2月3日にも、重慶市の遊園地で痛ましい死亡事故が起きた。「重慶晩報網」(同4日付)などによると、事故が起きたのは豊都華公園内の遊園地にある「遨遊太空」という人気アトラクション。遊園地によくある、船がブランコのように揺れながら、最後は一回転する、“海賊船”タイプの乗り物だという。

事故の瞬間を捉えた映像によると、船が激しく回転すると、ひとりの乗客が席から投げ出されそうになる。落ちないよう必死に背もたれ部分につかまるが、遠心力には逆らえず、地面に叩きつけられた。落下したのは13歳の少女で、病院に搬送されたものの、命を落とした。

 この動画はネット上に投稿され、衝撃を与えている。

「遨遊太空」を製造したのは成都新都新安遊楽設備有限公司で、製造年は2013年10月。落下原因は安全ベルトが切れたことによるとされているが、このアトラクションの記録には、直近の点検は昨年12月とある。現在、地元警察が事故原因を調査中だが、例によって進捗状況は一切伝わってこない。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

上海ディズニーランドにも不安……殺人マシーンと化す、中国の遊園地アトラクションのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

昨年開業した上海ディズニーランドに限らず、中国では近年、テーマパークや遊園地が増加してい...
写真