日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 堺VS阿部、水10対決が波乱

究極の選択!? 堺雅人『Dr.倫太郎』VS阿部サダヲ『心がポキッとね』水10対決が波乱の予感

sakaimasato0618.jpg

 ヒット続きの堺雅人が主演を務める連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/水曜22時~)のキャストが3日に発表され、視聴者の期待感が高まっている。

 同作は、柴咲コウ主演『○○妻』の後番組として、4月にスタート。堺が演じるのは、天才精神科医でありながら、恋愛は全く不得手の倫太郎。そんな彼の人生を、蒼井優演じる売れっ子芸者との出会いが大きく変えていく。


 堺、蒼井のほか、吉瀬美智子、内田有紀、高橋一生、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世らが出演。脚本は、『花子とアン』(NHK)や、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などのヒットメーカーで知られる中園ミホが手がける。

「堺と中園のタッグともあり、豪華な役者陣が集まったという印象。また、放送中の『○○妻』は、今クール民放ドラマ視聴率でトップを疾走中。ヒットの条件がそろっていますから、逆にいうと“失敗が許されない企画”ともいえます」(テレビ誌記者)

 同枠といえば毎度、裏番組との“水10対決”が注目されているが、『Dr.倫太郎』の対抗は、『心がポキッとね』(フジテレビ系)。阿部サダヲ、水原希子、藤木直人、山口智子が演じる“病んでる系男女”が繰り広げるラブストーリーで、好評だった『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)のスタッフが再集結するという。

「注目は、なんといっても『ロングバケーション』(同)以来、19年ぶりのラブストーリーに挑戦する山口でしょう。50歳の山口が、どんな大人の恋愛を演じるのか、見物です。また、脚本を手がける岡田惠和は、『大人の恋愛を描かせたら、右に出る者はいない』とまでいわれていますから、そんな“岡田ワールド”にも期待が高まります」(同)

 案の定、ネット上では早くも「どちらを優先的に見ようか、迷ってる」「究極の選択」「なんで、同じ時間なのー!?」といった声が相次いでいる。

「『大人のエンターテインメントドラマ』をうたう『Dr.倫太郎』と、『大人のラブコメディー』をうたう『心がポキッとね』は、メインターゲット層がかぶっており、視聴者を食い合うのは目に見えている。“水10対決”史上に残るデッドヒートが繰り広げられそうです」(同)

 『心がポキッとね』の前番組である玉木宏主演『残念な夫。』がコケていることから、現在のところ『Dr.倫太郎』優勢との見方が濃厚だが、まずは初回の視聴率対決に関心が集まりそうだ。

最終更新:2015/03/04 23:00

究極の選択!? 堺雅人『Dr.倫太郎』VS阿部サダヲ『心がポキッとね』水10対決が波乱の予感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

ヒット続きの堺雅人が主演を務める連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/水曜22時~)...
写真