日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > ロッテワールド崩壊危機はウソ?
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.01

崩壊か誤解か!? 「ロッテワールド」危機はライバル財閥・サムスンのリークだった?

seoul031705.jpg

 春である。旅行シーズンである。

 折しも、そのシーズンたけなわの時期、編集部から韓国取材の依頼が舞い込んだ。うれしさ2割、不安8割というところだが、案の定、しょっぱなからその計画は大幅に狂うことになった。

 円安になっても、“ソウル2泊3日1万4800円!!”なんて激安ツアーはなくならない。当初、そんな激安ツアーで行こうかと予算を見積もった。しかし、ツアーの料金は、2人1部屋の代金設定が多く、お一人様の場合は追加料金1泊5,000円以上ってところがほとんどなのだ。

 さらに、フライトの時間も激安ツアーは午後出発便が多く、午前中にずらすと、さらに追加1万円。そして一番の問題は、広告に出ている激安ツアーは、とっくに売り切れていて、結局、往復の飛行機代と宿代だけで予定の2倍にもなってしまうのだった。「激安ツアーで行ってきました体験」は、早々に未確認に終わることになってしまった。

 その韓国だが、事前情報で気になるニュースが入っていた。ソウルで現在も建築中の「ロッテワールドモール」が、竣工前にして早くも崩壊の危機と煽られているのだ。その内容というのが、“天井に走る亀裂や水族館の水槽からの水漏れ”などが続々と発見され、ネットでは「あそこに行くのは自殺行為」だとか、不謹慎にも「123階建てのセウォル号」とまで揶揄されているのだ。

 そんな場所なら、行って見て来なくてはならない。週末、現場に向った。

 ロッテワールドは、地下鉄蚕室(チャムシル)駅から直接地階にアクセスできる。改札を出て右に進むとデパートや遊園地のあるロッテワールドへ、左が問題の第二ロッテワールドモールへと続く通路となるのだが、その地下通路の状況が、「ウワサは事実」と物語っているかのようだった。というのも、右側の通路はけっこうな人ごみなのだが、左側に続く通路はガラガラ。この大胆なまでの格差こそ、ソウル市民の偽らざる心境ではないのだろうか。

seoul031701.jpgデパートや遊園地のあるロッテワールドに通じる通路。ソコソコの人ごみがある。
seoul031702.jpg第二ロッテワールドモール付近の通路。人ごみの差は歴然だ。

 そこらへんのウワサを現地ガイドのP氏に聞くと、予想もしない答えが返ってきた。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

崩壊か誤解か!? 「ロッテワールド」危機はライバル財閥・サムスンのリークだった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

そこらへんのウワサを現地ガイドのP氏に聞くと、予想もしない答えが返ってきた。「ロッテは日...
写真