日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小向美奈子が女子プロ転向!?

覚せい剤で逮捕の小向美奈子に女子プロレス界から熱視線! 長時間汗だくセックスの経験を買われて!?

komukai03s26.jpg

 今年2月、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となったAV女優の小向美奈子が3月9日、保釈金200万円を納めて東京湾岸署から保釈された際、本人の後を追ったプロレス関係者がいた。その場では小向と接触できなかったが、小向の関係者とあいさつを交わしていた。

「プロレスやる気がないか、聞いてみたい」

 このプロレス関係者は、裁判も待たずして小向をリングに上げたいのだという。

「あのボリューム感のある肉体はプロレス向き。芸能活動が閉ざされて落ち込んでいるなら、戻ってくる場所があると伝えたくて」

 このプロレス関係者は過去、女性タレントをリングに上げたことがある顔の広い人物。数年前に有名な女芸人のプロレスデビューを画策して実現寸前までいったが、当の女芸人が妊娠して、人知れず頓挫したこともある。

「小向さんは発言を聞いていても、憎々しいしヒール向き。最近はタレントから転向する人の方が演出の下地があって、本職のプロレスラー以上にプロレス向き。落ち着いたら、ぜひ話をしたい」と関係者。

 しかし、小向は今回、実刑判決が有力視される。2009年の初逮捕では執行猶予付きの有罪判決で、11年の2度目は処分保留で釈放されたが、今回は1年半から2年ほどの収監が確実といわれる。それだけに彼女を後援していた有力な芸能関係者も見放したという話だ。小向を知るAVメーカーのディレクターによると、

「保釈が遅れた異例の事態も、保釈金の200万円を用意するはずだった有力関係者が見放したからだと聞きます。小向さんは刑期を終えて出てきても、AV復帰は難しいかもしれません。何しろ今回の逮捕では事情聴取されたAV界隈の人たちもいて、関係者の間は小向への嫌悪感でいっぱい」

 AVに復帰できなければ小向のタレント活動は事実上の引退状態に陥りそうだが、プロレス関係者は「昨年9月に小向がキャットファイトにゲスト出場したときに“プロレスもやってみたい”と言っていたと聞いた」とブッキングに前向きだ。

「この際だから、体を鍛えてアスリートとして出直すのなら、周囲にも健全な再出発に見えるはず」

12

覚せい剤で逮捕の小向美奈子に女子プロレス界から熱視線! 長時間汗だくセックスの経験を買われて!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

今年2月、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となったAV女優の小向美奈子が3月9日、保釈金...
写真