日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小向美奈子が女子プロ転向!?

覚せい剤で逮捕の小向美奈子に女子プロレス界から熱視線! 長時間汗だくセックスの経験を買われて!?

 ただ、多くの女子プロレス団体が犯罪者を受け入れるかどうか、不透明なところもある。この関係者も男子プロレス団体のプロモートをしている人物で、女子プロの試合を自ら開催しているわけではない。

 プロレス専門誌で書いているフリーライターにそのあたりの見解を聞いてみると「最近のプロレスは、昔と違ってあまりゴシップすぎることを嫌う傾向があります。先日、安川惡斗がケンカマッチで救急車を呼ばれる事態となったことにも、ファンは不快感を示していました。小向みたいなエロ系の人をブッキングすることに対する反感も強く、何より本職の女子レスラーも反発しそう」と否定的だ。

 それでも「先輩レスラーが認めるぐらいの根性を見せれば、プロのレスラーになる可能性はある」とも話す。小向は昨年のAV出演で長時間セックスに汗だくで挑み、多くの関係者を驚かせており「ストリップでも激しいダンスを見事にこなしていた」と高い身体能力を買われていた。

 小向がプロレス転向するには、まずは今回の罪を清算する必要があるが、斜陽ともいわれる女子プロレス界だけに何が起こるかはわからない。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2015/03/27 10:00
12
こんな記事も読まれています

覚せい剤で逮捕の小向美奈子に女子プロレス界から熱視線! 長時間汗だくセックスの経験を買われて!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

今年2月、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕となったAV女優の小向美奈子が3月9日、保釈金...
写真