日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKBファッション誌進出に批判殺到

AKB48のファッション誌進出に「触覚みたいな髪の女から学びたくない」

paruru513.jpg島崎遥香が表紙の「CUTiE」2015年3月号(宝島社)

 グラビア誌をAKB48や乃木坂46などのアイドル勢がジャックするようになり、グラビアアイドルの仕事が激減して久しいが、今度はその流れが女性ファッション誌にも起きている。

 篠田麻里子が「MORE」(集英社)の専属モデル、島崎遥香は「CUTiE」(宝島社)の表紙を飾った。乃木坂46からは白石麻衣が「Ray」(主婦の友社)、橋本奈々未と松村沙友理は「CanCam」(小学館)の専属モデルとなっている。


 こうしたAKB勢のファッション誌進出に、従来の読者は大ブーイング。ネット上では、

「こっちは服をきれいに着こなせるスタイルのいいモデルさんが見たいのに」
「ファッション誌買う層の女性で、女性アイドル好きとか、どんだけターゲット狭くしてるんだろう」
「男に媚び媚びの、耳周りに触覚みたいな毛を残すタイプのアイドルからファッションを学びたくはない」
「表紙にAKBとか。もうそれだけで買う気も見る気も失せる」

と、評判は散々のようだ。

「最近は10代後半から20代をターゲットにした“女性ヤング誌”に、アイドルが多数進出している。雑誌不況の中、人気アイドルを起用すればマスコミにも取り上げられるし、オタク層を取り込むことも期待できる。そこに事務所や運営側がつけ込み、ゴリ押しし始めた。最近では“胴長ずん胴”の柏木由紀までファッション誌狙いになっているという話もある。完全に読者の気持ちは置いてけぼりの状況です」(ファッション誌関係者)

 果たして、ファッション誌のモデルもグラビアアイドルのように駆逐されてしまうのだろうか?

最終更新:2015/05/13 10:00
こんな記事も読まれています

AKB48のファッション誌進出に「触覚みたいな髪の女から学びたくない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

グラビア誌をAKB48や乃木坂46などのアイドル勢がジャックするようになり、グラビアアイ...
写真