本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

『Dr.倫太郎』不発で……堺雅人がTBS『半沢直樹』第2弾を承諾か「来秋から放送?」

sakaimasato0626.jpg堺雅人

 堺雅人が日本テレビのドラマに初主演した『Dr.倫太郎』が不発に終わったことで、リベンジを狙うTBSが『半沢直樹』の第2弾をいつ放送するか注目されそうだ。

 2013年に放送され、最終回の視聴率が40%以上を記録したことで続編が期待された『半沢直樹』。だが、当の堺は、日テレのドラマへの初主演が決定。「来年の大河ドラマも決まっているし、堺は『半沢』への未練はない」と業界内ではささやかれ、『半沢』続編は立ち消えになったといわれていたが、筆者はTBS関係者や堺の所属事務所「田辺エージェンシー」関係者から「『あさチャン!』における夏目三久のキャスター続行のバーター条件として、事務所が続編を承諾した」という情報を得ていた。

 日本テレビの女子アナだった夏目は“コンドーム写真流出事件”で、追われるように日テレを退社、「田辺エージェンシー」所属に。フリー転向後、約3カ月でテレビ朝日の『マツコ&有吉の怒り新党』ほかレギュラー番組数本を抱え、古巣の日テレには看板報道番組『バンキシャ!』のキャスターとして復帰したことで“奇跡の女子アナ”といわれた。

 だが、彼女がここまで躍進できたのは、所属した田辺エージェンシーの幹部が夏目の才能に惚れ込んで、猛烈にテレビ局側にプッシュした結果だった。

 中でも日テレの『バンキシャ!』での復帰は、その昔、日テレが田辺エージェンシーの看板タレントであるタモリの音楽バラエティ番組『今夜は最高!』を打ち切り、タモリを激怒させたということへの見返りだともいわれている。昨年4月に『みのもんたの朝ズバッ!』の後番組の『あさチャン!』のキャスターに大抜擢されたのも、事務所サイドは否定するが、『半沢』の続編のバーターだといわれていた。

 ところが、『あさチャン!』の視聴率はスタートから低迷し、TBSの社長が番組テコ入れを指示。夏目は番組のリストラ要員として名前が挙がっていた。さらに、同じ事務所の堺が『半沢』の続編出演より日テレのドラマを優先したことで、夏目の降板は決定的といわれたのだ。

 ところが、夏目は現在も続投。それどころか、すでに降板の話は立ち消えになった。この時、夏目延命の裏で『半沢』の続編が決まったという情報を筆者は入手していた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed