日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 篠原涼子が主演ドラマでフジを救う

“ドラマの女王”篠原涼子がフジテレビを救う!? 主演秋ドラマで「再生」なるか

shinohara.jpg『オトナ女子』(フジテレビ系)

 北川景子でも堤真一でも無理となれば、もはや“彼女の力”に頼るしかない……。そんなフジテレビの悲痛な思いが伝わってくる。

 女優の篠原涼子が、10月スタートのフジテレビ『オトナ女子』(木曜後10・00)で、2年半ぶりに連続ドラマに出演。アゲマンだが自分は幸福になれない40歳独身女性役を演じる。江口洋介、吉瀬美智子、谷原章介、鈴木砂羽と共演陣も豪華で、作品への“投資”も十分といったところだ。

「フジが7月クールに放送した『リスクの神様』『HEAT』は視聴率が3%台に落ち込み、『恋仲』もいわゆる“月9”水準としては大敗。北川景子を主演にすえた『探偵の探偵』も視聴率2ケタには遠く及ばないなど、フジドラマの惨状には目も当てられません。制作陣にも『秋こそは』という思いがあるのでしょう。今や“ドラマの女王”の地位についた篠原涼子に大きな期待をかけているのは明白で、他のキャストに関しても10月クールでは一番費用をかけているように思えます」(芸能記者)

 フジにとっては、篠原主演で2006年に放送された『アンフェア』が大きな“成功体験”として残っているのは間違いない。終了後もスペシャルドラマ放送、3度の映画化と長きにわたりファンに愛されている作品で、現在公開中の映画『アンフェア the end』も全国動員ランキング1位(9月5日~6日)を獲得と、フジにとって篠原は“非常にありがたい存在”なのだ。

 さらに記者は、今の篠原が持つ圧倒的な“追い風”を「フジドラマ復活」の起爆剤にしたいという制作陣の意図について語っている。

「男に媚びないクールさと、女性としての弱さ・優しさを混在させた『アンフェア the end』の篠原の演技はすばらしく、期待に応えるだけの実力があります。13年に出演した『ラスト・シンデレラ』(同)でも独身女性の悲哀と恋愛をコミカルに演じて、最終回の視聴率は17%を超えたことから“数字”も持っている。最近でもトリンプの『天使のブラ』CMで披露した美しい谷間が絶賛されるなど様々な場面で支持を集め、特に女性からの好感度が高い篠原の力で、フジとしてはなんとか視聴率を稼ぎたいのが本音ではないでしょうか」(同)

 ヒットドラマが生まれなくなって久しい現在のフジテレビ。映画大ヒットや世間の支持でトップ女優に上り詰めた篠原の力で“再生”できるのだろうか。10月の初回放送に注目である。

最終更新:2015/09/15 19:30
こんな記事も読まれています

“ドラマの女王”篠原涼子がフジテレビを救う!? 主演秋ドラマで「再生」なるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...…
写真