日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『サイレーン』激落をどう見る?

初回好発進も……松坂桃李主演『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』視聴率“激落”を、どう読み取る?

sairen1030関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン』公式サイトより

 初回の2時間スペシャルで、12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と上々の視聴率を記録した松坂桃李主演ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系/火曜午後10時~)が、第2話では一転、急落してしまった。

 同日、『プロ野球日本シリーズ第3戦 ヤクルト対ソフトバンク』の中継が1時間15分延長され、『サイレーン』の放送が始まったのは午後11時15分。視聴率は6.3%で、初回の半分以下にまで落ち込んだ。

 フジの同枠ドラマは、4月期の『戦う!書店ガール』(渡辺麻友&稲森いずみ主演)、7月期の『HEAT』(AKIRA主演)と、2クール連続で全話平均視聴率が5%を割った。それだけに、好発進した『サイレーン』に、同局はホッと胸をなで下していたに違いない。ところが、第2話で急降下したとなると、ショックは隠せないだろう。

 その要因は何か? 単純に定時にオンエアされず、深夜に繰り下がったため、見るのをやめた人、リアルタイムでの視聴をやめた人も少なくないと推察できる。

 次に、裏番組との兼ね合いだ。初回は、『結婚式の前日に』(TBS系)や『デザイナーベイビー』(NHK総合)との争いで、他のドラマが低迷したため、『サイレーン』は高い視聴率を獲得。だが、27日の第2話では、ライバル番組が『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『NEWS23』(TBS系)、『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)の報道番組や、『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)にすり替わり、分が悪くなってしまったようだ。

 むろん、初回を見て「面白くない」と判断して、離脱した視聴者もいるだろう。

 初回、第2話を通してやたら目立つのは、ヒロインの木村文乃。一方、松坂の影は薄く、視聴者からは「いったい、どちらが主役なの?」との疑問もちらついていた。また初回では、菜々緒のセクシーシーンが連発されたが、第2話では封印。期待していた男性視聴者を落胆させてしまった。


12
こんな記事も読まれています

初回好発進も……松坂桃李主演『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』視聴率“激落”を、どう読み取る?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

初回の2時間スペシャルで、12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と上々の視聴...
写真