日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > タレントの“パチンコ営業”を仕掛ける業界人にインタビュー! 「次は板野友美を引っ張りたい」

タレントの“パチンコ営業”を仕掛ける業界人にインタビュー! 「次は板野友美を引っ張りたい」

 深夜のお色気系バラエティや地方営業など、芸能人が“落ちぶれた”と後ろ指を指される仕事は数あれど、その最もたるのはパチンコ営業かもしれない。酒井法子やLUNA SEA・河村隆一、モーニング娘。など、かつてのスターのパチンコ営業はメディアでも度々紹介されているが、これらの企画やブッキングは誰のどんな思惑から成立するのか。今回は、古くからパチンコ業界に携わる、元アスリートで芸能界にも通じている飲食店経営・X氏に話を聞いた。

――初歩的な質問で恐縮ですが、パチンコ営業とは実際に何を行うのでしょうか?

X氏(以下、X) 普通のトークショーと変わらないよ。パチンコに関するトークなんてちょっとでいいし。トークができない人も、MCをつけて掛け合いをしたり。人によっては撮影会とか握手会、サイン会をやったり、打ってるお客さんのところを回って、話しかけたり……みたいなのもあるね。

――Xさんはブッキングをされているとのことですが、どういった流れで決まるのでしょうか?

X 基本的にはブッキングをやってる会社や個人が、「●●がいくらで行けます」とか「■■の事務所がやりたがっているみたいですよ」とか、各ホールに営業を仕掛けるんだよ。反対にホール側から「あのアイドルを呼べませんかね?」なんて依頼がくることもある。

――パチンコ営業はよく「ギャラが高い」と言われますが、相場は?

X 完全に人によるけど、ある程度の目安はある。各ブッキング担当はランク付けされたリストを作っていて、事務所の大きさやそのタレントの人気や旬、それに過去のデータから照らし合わせて、手頃なタレントをいつでも用意できるようにしてるよ。

――具体的な金額は?

X 例えば加藤茶だったら、1店舗20分で100万円、3店舗回って1日で300万円って感じだけど、ポッと出の一発芸人なんて、せいぜい1日で30万円ってとこだな。ビッグダディなんて、しゃべりもしなければファンサービスも微妙だったから、20~30万円の営業が数回あっただけで、もうオファーがないからね。

――営業によって“落ちぶれ感“が出てしまう?

X そりゃそうだよ。パチンコ自体が決してクリーンな遊びじゃないし、そこからお金を得てるって時点で、落ちぶれたと思われるのは当然。パチンコに狂って自己破産しちゃうバカがいっぱいいるわ、子どもを駐車場に放置して死なせる親が社会問題になるわ、そもそもキチンと税金を払っているのかも怪しい会社ばっかり……。

――それでも大きなお金が動く業界ということで、ブッキングは大忙しですよね?

X それが、そんなこともないんだよ。全盛期に比べると、市場規模は半分くらいなんじゃない? 最近は芸能人じゃなくて、パチンコライターを呼ぶ店も増えてきた。彼らはお客を呼べるし、ギャラも格安だから、どんどん芸能プロの市場を奪っている邪魔な存在なんだよ。

――確かに都内のパチンコ店には、タレントよりもライターの来店が多い気がします。

X 基本的に、芸能人が喜ばれるのは地方だけ。それに地方なら、その地域にしかパチンコ営業をしているということがバレないから、東京中心の芸能活動にはあまり影響しない利点もある。

――今後タレントのパチンコ営業は減っていく?

X 今は国もパチンコに厳しいんだよ。店側に不利な法律がどんどんできて、このままいけば消滅してもおかしくない。例えば大物タレントを300万円で呼んだとして、それ目当てにきた新規客が2~3人でもパチンコにハマれば、それで十分元は取れたんだ。でも昨今の締め付けで、新規顧客の獲得は難しい現状があるわけよ。今は「1人から大金を搾り取る」っていうスタイルにシフトしてる。社会・経済的に見ると、そうなったらその業界の終わりは近いんだけどな。

――話は変わりますが、ブッキングや実際の営業中にトラブルはないんでしょうか?

X 昔はいっぱいあった。それこそ電話1本で話が決まっちゃって、「ギャラは100万円」と聞いてたのに、現地でいきなり「80万円しか用意してません」なんて言われるとかさ。3店舗回って50万って話だったのに、いざ現場で5店舗だと聞かされたり。最近は世間の目もうるさいから、みんなキッチリ書面を交わすようにしているね。お客さんとのトラブルだと、ある歌手が九州地方の店舗に営業に行ったとき、ヤンキー風の客に絡まれたって話がある。「おいお前、一緒に写真撮れや!」と襟首掴まれたらしいよ。

――営業が原因で、芸能界から干されたり……なんてことも?

X ちょっと前に、楽しんごが吉本興業を通さないで営業したことが問題になったことがあったな。もともとパチンコ営業は、事務所を通さずタレントが全部ギャラをポケットに入れられる、裏バイトみたいな側面が強かった。芸能界じゃ“ショクナイ”って言われてるよ。昔は景気が良かったから、事務所もある程度はショクナイを大目に見てたようだけど、この不景気だからね。まぁ吉本は、「ギャラが50万でも、タレントに渡すのは5万だけ」な事務所だから、芸人がショクナイに励むのも仕方ない気がする。

――逆にホールから好まれているタレントというと?

X 中尾彬に竹内力あたりかな。トークもそうだけど、やっぱり知名度なんだよ。地方のおじいちゃんおばあちゃんからすれば、有名人を間近で見るだけで満足する。それと江頭2:50も大人気だね。彼には常にオファーが殺到してて、スケジュールの空きは1年待ちだって聞いた。

――長年ブッキングの仕事をされているということですが、何か印象に残っている出来事はありますか?

X これはホールに言いたいことなんだけど、営業で来店した芸能人のサイン色紙を、楽屋とか控室にゴミみたいに置いとくのは止めてほしい。ヤニで黄ばんだサインの山を見たタレントが、営業後にどんな気持ちでサインを書いてるのか、考えてみろっての。

――では最後に、次にパチンコ営業に打って出るタレントを予想してほしいです。

X 俺がやりたいのはAKB48。元SDNの芹那とかはすでにやってるみたいだけど、やっぱり本体から引っ張りたい。AKBのパチンコ台が出たとき、AKSは頑として「メンバーにパチンコ営業はさせない」姿勢だったけど、もう人気も下火だし、そこそこ名の知れた卒業生が営業に登場すれば、みんな参戦してくると思う。さっきの話じゃないけど、1人から大金搾り取ろうっていう今のパチンコ屋のスタイルは、AKB商法そのものじゃない。誰か1人挙げるとしたら、見た目だけで中身のない板野友美なんて、絶好の狙い目だと思うな。

最終更新:2015/11/01 13:00

タレントの“パチンコ営業”を仕掛ける業界人にインタビュー! 「次は板野友美を引っ張りたい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

深夜のお色気系バラエティや地方営業など、芸能人が“落ちぶれた”と後ろ指を指される仕事は数...
写真