日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 大島優子、高岡早紀に「老けアプリ」使用疑惑

大島優子の罠? 高岡早紀が“おばあちゃん顔”に変貌で「老けアプリ」使用疑惑

 12日、大島優子(27)が自身のインスタグラムに、舞台『No.9 -不滅の旋律-』で共演中の高岡早紀(42)と、下関にある瓦そば屋を訪れた際の画像をアップ。巨大な瓦そばを前に驚いた表情を見せる大島と高岡だが、ネット上では「高岡早紀って、こんなに老けてた?」「おばあちゃんみたいで驚かされた」「もしや大島、高岡にだけ老けアプリを使った?」など、高岡の老化を指摘する声が上がっている。

「美肌アプリがある一方で、顔を一気に老けさせてみせる“老化アプリ”が存在するのは確かで、大島がワザとこれを使ったのでは……と邪推されていますが、女優の大先輩である高岡に、そこまで失礼なことをやってのけるほど、大島も大胆不敵ではありません。むしろ、子役時代から芸能界にどっぷり浸かっているぶん、AKB出身者の中では目上の人間への配慮や礼儀がきちんと出来ているほうです。この写真自体、高岡自身のブログにアップされている写真と大差はないですから、42歳という年齢相応の素顔なのでは?」(芸能関係者)

 かつてヌード写真集で披露したFカップとも目される巨乳と美貌を武器に、保坂尚希との結婚・離婚や布袋寅泰との不倫、松尾スズキや市川海老蔵、中村獅童、勝地涼との熱愛報道など、幾多のスキャンダルを世間に振りまいてきた高岡。それでもタダのお騒がせタレントに成り下がることは決してなく、演技派女優の地位を確立している。『No.9 -不滅の旋律-』では、稲垣吾郎演じるベートーベンとの濃厚なラブシーンもこなす。

「大島は今回の共演で、高岡にいろいろと教えを請うているようです。AKB48卒業以降、女優一本に絞って活動してきましたが、『泣きの演技がおかしすぎる』等ヘンな部分で話題にはなっても、良い評判がほとんど聞こえてこない。大島の世代は、女優たちの“黄金世代”と呼ばれるほど人材が豊富で、榮倉奈々、黒木メイサ、新垣結衣、戸田恵梨香、堀北真希、吉高由里子など、実力も人気もキャリアも美貌も揃ったメンツがうじゃうじゃいる。大島はよほど頑張らなければ、存在感を示すことができないでしょう」(前同)

 大きなスキャンダルにも潰されない、確かな実力を持つ高岡のような女優に成長することができるか。

最終更新:2015/11/18 09:30
こんな記事も読まれています

大島優子の罠? 高岡早紀が“おばあちゃん顔”に変貌で「老けアプリ」使用疑惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

12日、大島優子(27)が自身のインスタグラムに、舞台『No.9 -不滅の旋律-』で共演...
写真