日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西島秀俊バラエティでは高視聴率

『無痛』大コケ……主演ドラマが不振続きの西島秀俊、バラエティでは高視聴率の皮肉

nishijima1106フジテレビ系『無痛~訴える目~』公式サイトより

 “マダムキラー”として知られ、中高年女性から絶対的な人気を誇る俳優・西島秀俊の主演ドラマが、どうにも冴えない。

 昨年、西島が主演し、TBSとWOWOWで共同制作された『MOZU』シリーズは、『Season1~百舌の叫ぶ夜~』(同年4月期)こそ、全話平均11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で視聴率2ケタ台を記録したが、『Season2~幻の翼~』(同年10月期)はWOWOWでの先行放送があったとはいえ、全話1ケタで平均6.4%と惨敗した。

 同じくTBSの日曜劇場枠で今年1月期にオンエアされた『流星ワゴン』は、全話平均10.3%で、ギリギリ2ケタを死守したが、同局の期待に応えられるような数字は上がらなかった。


 そして、西島の主役としての力量に疑問符がつくことになったのが、現在放送中の『無痛~診える眼~』(フジテレビ系/水曜午後10時~)だ。

 初回こそ、11.6%とまずまずだったが、第2話で7.1%と急降下。以降、第3話は8.4%、第4話(日本シリーズ中継延長のため、午後11時45分放送開始)は屈辱の4.7%を記録。その後は7%台が定位置となってしまい、2ケタ台をキープしている裏の『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演)に完敗を喫している。

 現状では、低視聴率で終わるのが濃厚で、「西島主演では視聴率が取れない」との評価が業界内にまん延しそうな雰囲気だ。

 そんな中、西島は11月7日に公開された映画『劇場版 MOZU』のPRも兼ね、13日に安住紳一郎アナが司会のバラエティ番組『ぴったんこカン・カン』に出演した。同番組は「たけしさんのあの言葉があったから今がある…俳優・西島秀俊が故郷高尾山をビートたけしと感動旅」と題され、たけしとの共演となったが、14.9%の高視聴率をゲットした。

 もともと視聴率がいい同番組だが、ゲストや企画によっては下がる週もあり、この回の視聴率は上々。たけしのアシストがあったからとはいえ、主演ドラマでは視聴率が上がらないのに、バラエティでは高視聴率をゲットするという、なんとも皮肉な事態となってしまった。

 共演が多い香川照之から、「バラエティ慣れしてきた」と言われてしまった西島。さすがに、バラエティに本格参戦とはならないだろうが、『無痛』の低視聴率を見たら、今後、各局は西島主演ドラマの制作に慎重になりそうな気配。

 来春スタートのNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(高畑充希主演)に、ヒロインの父親役での出演が決まっている西島。当面は脇役に徹し、失地回復に努めるしかないか?
(文=森田英雄)

最終更新:2015/11/24 10:00

『無痛』大コケ……主演ドラマが不振続きの西島秀俊、バラエティでは高視聴率の皮肉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

“マダムキラー”として知られ、中高年女性から絶対的な人気を誇る俳優・西島秀俊の主演ドラマ...
写真