日刊サイゾー トップ > 芸能  > 2015年ブレイク俳優を徹底分析

ニュースターは、朝ドラからしか生まれない!?「2015年ブレイク俳優ランキング」

 ランキング5位以下は、5位=綾野剛、6位=西島秀俊、7位=菅田将暉、8位=坂口健太郎、9位=斎藤工、10位=松坂桃李の順。

 キャリアのある綾野、西島、斎藤は別格として、菅田は13年の10位以来、2年ぶりのランクイン。坂口、松坂は初のランク入りとなった。

 菅田は朝ドラ『ごちそうさん』(13年度後期)で知名度を高めたが、今年は主演した連ドラ『ちゃんぽん食べたか』(NHK総合)、『民王』(テレビ朝日系)で、その演技力の高さを示した。来年は映画に軸足を置くことになりそうで、すでに5作に出演が決まっている。

 もともとモデルである坂口は、2014年10月公開の映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。今年は『ヒロイン失格』『俺物語!!』など6本の映画に出演。連ドラデビュー作となった『コウノドリ』(今年10月期、TBS系)では新生児科の研修医役をこなし、評価を高めた。来年は4月スタートの次期NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のほか、3作の映画出演が決まっており、大ブレイクする可能性も十分。

 松坂は昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で名を上げ、10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)でプライム帯の連ドラ初主演。今年6本の映画に出たが、来年も『人生の約束』『パディントン』(吹き替え)など4作への出演が決定済みで、多忙な1年になりそう。

 今年の同ランキングは、堺雅人、滝藤賢一、片岡愛之助らがランクに入っていた昨年と比較すると、随分フレッシュな顔ぶれとなった。

 ただ、ランキング上位を占めたのは、みな朝ドラでのブレイク組ばかり。朝ドラが好調を維持していることもあろうが、民放ドラマや映画界からもニュースターが生まれてほしいものだ。
(文=森田英雄)

最終更新:2015/12/22 12:35
12

ニュースターは、朝ドラからしか生まれない!?「2015年ブレイク俳優ランキング」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

新進気鋭の研究者が語る情報社会の今後

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサ...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

オリコンが「2015年ブレイク俳優ランキング」を発表したが、NHKの朝ドラをきっかけにブ...
写真