日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 韓国LCCが20分間「半ドア飛行」

韓国LCCが20分間「半ドア飛行」で引き返し! 各社で相次ぐトラブルは重大事故の前兆か

JNA_B738.jpgジンエアー(C)Subway06/wikipediaより

 新年早々、韓国でまたもや交通に関する失態が起きた。LCC(格安航空)のジンエアー旅客機が、“半ドア”のまま飛行するというトラブルを起こしたのだ。旅客機はフィリピンのセブ島を出発するも、離陸から20分たつまで乗務員は誰一人、この状態に気づかなかったという。

 当時、この便に搭乗していた乗客はこう語る。

「離陸前からドアの隙間には気づいていたけれど、確信が持てずにいました。しかし、離陸のため機体の速度が上がると、轟音が鳴り始めた。そして、開いたドアの方向へギャレーのカーテンがなびくのを見て、圧力が抜けているなと思いました。それからは、ひどい寒気がしたり、寝ていた人が耳の痛みで起きるのを見て、これはまずいな、と」
 
 非常事態に気づいたこの乗客は、離陸から20分ほどたったころ「ドアがちゃんと閉まっていないのでは?」と、客室乗務員に声をかけたという。しかし、乗務員は笑顔で「何も問題はない」と言い切る始末。ところがその5分後、「機体に異常が発生し、これからセブ島に引き返す」との機内アナウンスが流れた。機内のざわめきに乗客の子どもたちは泣きだし、「頭が痛い、鼓膜が痛い」と訴える人も続出。しかも、つらいのは痛みだけではなかった

「1万フィートまで上昇した時、ドアはもう指が入るくらい開いていて、恐怖が襲ってきました。急にパカッと開いて、人が上空へ飛んでいってしまうんじゃないか、原因もわからないままここで死ぬのかな、って」
 
 死の恐怖に包まれる中、数十分後、機体はなんとか無事にマクタン・セブ国際空港に着陸。われ先に降りようと乗客が騒ぐ中、今度はドアが開かないというハプニングが。気圧によって異常を来したドアは、女性乗務員2人がかりでもなかなか開かなかったという。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

韓国LCCが20分間「半ドア飛行」で引き返し! 各社で相次ぐトラブルは重大事故の前兆かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

新年早々、韓国でまたもや交通に関する失態が起きた。LCC(格安航空)のジンエアー旅客機が...
写真