日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > 現役Kアイドルに愛人契約提案も…

「1回20~30万円で……」現役K-POPアイドルに“愛人契約”を持ちかけたブローカーが返り討ち!

51xTOyf-q4L.jpg『Fall Into Temptation』(Vitamin Entertainment)

 韓国で現役K-POPアイドルに愛人契約を持ちかけたブローカーが、アイドル本人の反撃に遭い、逮捕の危機にさらされている。

 問題のブローカーは、K-POPアイドルグループ「TAHITI」のメンバー・ジスにメッセージを送信。そこには「(自分たちが運営するサービスの)会員のひとりが、ジスさんの大ファンです。年齢も近く20代半ばで、ジスさんに会いたがっています。必ず連絡してほしいです」と書かれていた。また、「1回当たり200~300万ウォン(約20~30万円)」の報酬が受け取れるという“愛人契約”の詳細まで送りつけた。


 そのメッセージを受け取ったジス本人は激怒。11日にはインスタグラムに「こういうメッセージはとても不快です」と書き込み、メッセージをキャプチャしてアップした。

 ジスが所属する芸能事務所・ドリームスターエンターテインメントの関係者は「警察庁のサイバー捜査隊に捜査依頼をして、法的対応を取る」と明かしている。アイドルに嫌がらせのような勧誘活動をしていたブローカーは一転、逮捕の危機にさらされることになった。ちなみに、ジスの父親は現職の警察・刑事課長を務めているとのこと。ブローカーの運命が気になるところだ。

 韓国芸能界では長らく、女性芸能人やアイドルが性の対象として、金持ちや権力者の慰みものとなってきた。売春強要や愛人契約を苦に、自殺や引退に追い込まれた女性も少なくない。そんな彼女たちの背後には、常に斡旋ブローカーの影がチラついてきた。過去には、元芸能人がその人脈を駆使して、女性芸能人やアイドルに売春を強要しいたという事件も明るみになったことがあった。

 ただ、今回の事件のように、ネットを通じてアイドルに直接交渉に乗り出したというのは過去に例がない。新たな形のブローカーの登場なのか、はたまたネットを利用したファンのイタズラなのだろうか? いずれにせよ、真相究明が進むことを願うばかりだ。
(取材・文=河鐘基)

最終更新:2016/01/27 18:13

「1回20~30万円で……」現役K-POPアイドルに“愛人契約”を持ちかけたブローカーが返り討ち!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真