日刊サイゾー トップ > 芸能  > カンニング竹山謝罪で事務所危機

カンニング竹山謝罪に見る事務所危機、石坂浩二いじめの真相、マーク・パンサーとマルチ商法……週間芸能ニュース雑話

bekki-0126.jpg

デスクB ベッキーの不倫報道に関して、同じサンミュージック所属のカンニング竹山が“代表”で謝罪してたね。

記者T 『ノンストップ!』(フジテレビ系)ですね。「社長じゃないので代表してもおかしいんですけど」って恐縮してましたよ。

デスクB もともとベッキーに対して「あいつは真面目」「許してあげてくんねえかなあ」とラジオで言ってた。心配も含めての今回の発言だったんだな。

記者T それにしても、ベッキーが当分休業を発表しちゃって、サンミュージックの“売れっ子”は、それこそカンニング竹山くらいしかいなくなっちゃいましたね。

デスクB 塚本高史、小島よしお、千葉県知事の森田健作……有名どころはいるにはいるが、コンスタントにCM・バラエティってなると竹山とベッキーだけだな。大きな屋台骨が1つ失われたのは間違いない。

記者T スポンサーへの違約金とか予定していた予算とかで5億円の損失だって話もありますよ。竹山自身もラジオで「そりゃいろいろね、マズイことになりますわ」と、所属事務所の今後を不安視しています。

デスクB 竹山からすれば「自分が倒れたら終わりだ」って感じなのかな。サンミュージックも戦々恐々だ。

記者T サンミュージックといえば、思い出されるのは、2009年に酒井法子が覚せい剤取締法違反で有罪になって、押尾学とともに芸能界の薬物汚染の象徴になって……。この事件に比べれば、不倫というのはまだ軽い問題のような気もするけど、社会に与えたインパクトでは互角。本当にツいてないですね。

デスクB 単なる騒動じゃなく、社会的にインパクトを与えるような事件なんだな。逆に言えば、それだけ人気タレントを作るノウハウを持ってるってことでもあるんだろうけど。

記者T 小島よしおとか髭男爵とか“一発屋芸人”を売り出す技も持ち合わせてます。でも、それもやっぱり“ベッキー”という大黒柱があったからこそ、ということだったんでしょう。

デスクB サンミュージック関係者も「今度ばかりはシャレにならない」って言ってたようだし、社員とタレントのリストラをするって話もある。「倒産」って話もジョークにならないよ。

123

カンニング竹山謝罪に見る事務所危機、石坂浩二いじめの真相、マーク・パンサーとマルチ商法……週間芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

デスクB ベッキーの不倫報道に関して、同じサンミュージック所属のカンニング竹山が“代表”...
写真