日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 韓国でザ・慰安婦映画が大ヒット

「3.1運動」記念日に触発!? 韓国で“ザ・従軍慰安婦映画”が大ヒット中!

20160229000839066_1.jpgくだんの映画ポスター

 韓国で“国民的映画”が誕生した。タイトルは、直訳すると『帰郷』。2月24日に公開されると、同28日午後5時時点で観客動員数100万人を突破し、1日に30万人以上も動員したという報道も見受けられる。まさに、韓国でいま最もヒットしている映画だ。


『帰郷』の題材は、いわゆる従軍慰安婦。1943年のある日、日本軍によって強制的に故郷を去ることになってしまったジョンミン。どこへ向かうかわからないまま汽車に乗せられたジョンミンは、同じように連れ去られたヨンヒと出会うのだが、2人がたどり着いた場所では、日本軍による暴力や罵詈雑言、そして“痛み”に触れることになる……。

 慰安婦被害者の実話を製作されたという本作。チョ・ジョンレ監督は、慰安婦被害者たちの施設でボランティアをしながらシナリオを制作するも、出資者が見つからず、公開までに14年という歳月を費やしたという。チョ監督は「『慰安婦映画なんてヒットするわけがない』という言葉もあった。『主人公を中国人女性にすれば、投資する』という中国人投資家もいた」と明かしている。結果、7万人以上のエキストラと俳優が無償で映画の製作に携わったそうだ。

 主演した女優ソ・ミジは「多くの人に見てもらい、共感してもらい、慰安婦たちを慰労してもらえればと思います」とコメントしていたが、映画の広告動画を見ると、まさに典型的な慰安婦映画ということがひと目でわかる。とにかく日本軍の描写がひどい。10代の少女たちを無理やり連れ去り、銃で彼女らを殴りつけるシーンも多数。日本の軍人が少女らの服を破り捨てる場面もあった。つまるところ、韓国人の想像する通りの慰安婦の実態が映画化されているわけだ。

 この映画がヒットしている原因のひとつとして、3月1日が近いことも影響しているとの分析が多い。韓国において3月1日は、日本統治時代の1919年の同日に起こった独立運動「3.1運動」を記念する日。韓国人の反日感情が、いやが上にも高まる日だ。ちなみに、毎年この日は祝日となっている。

 昨年末に発表された日韓の「慰安婦合意」は、すでに韓国では“なかったこと”にされているようだ。『帰郷』の大ヒットだけでなく、日韓でモメにモメている慰安婦像の建立も、さらに加速しそうな勢いだからだ。慰安婦像といえば、ソウルの日本大使館前の像が有名だが、3月1日には釜山で新しい慰安婦像が公開された。この慰安婦像は寄付金5,000万ウォン(約500万円)をかけて作られており、ほかにも江原道・春川市に設置しようとする動きがある。
 
 慰安婦映画が異例の大ヒットを遂げ、慰安婦像も続々と設置されようとしている現在の韓国。かの国ではやはり、永久に慰安婦問題は解決しなさそうだ。

最終更新:2016/03/01 22:00
こんな記事も読まれています

「3.1運動」記念日に触発!? 韓国で“ザ・従軍慰安婦映画”が大ヒット中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

韓国で“国民的映画”が誕生した。タイトルは、直訳すると『帰郷』。2月24日に公開されると...
写真