日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 清原に続く“薬物疑惑”アスリート浮上! 「激ヤセに丸刈り」「ブログが不気味」のウワサ

清原に続く“薬物疑惑”アスリート浮上! 「激ヤセに丸刈り」「ブログが不気味」のウワサ

 清原和博の逮捕後に巻き起こった“芋づる逮捕報道”も落ち着きをみせているが、今月に入って突然「近々動きがありそうだ」といわれるようになった元アスリートが存在するという。現役引退後もたびたびメディアを賑わせるその人物だが、ネット上では「激ヤセ」で話題になったことも。あるメディア関係者は「すでに警察も行動を確認している」と話すが……。

 Xといえば、80~90年代の活躍ぶりから、国民的人気者となった超一流アスリート。現役引退後もスポーツ界に深く携わっており、メディアに登場する機会が多い人物だ。

「私生活では家族がらみのトラブルが相次ぎ、スポーツ紙やワイドショー、週刊誌にも幾度となく追いかけられている“お騒がせ者”。しかし、最も世間に衝撃を与えたのは“激ヤセ”かもしれません」(情報番組スタッフ)

 現役時代に比べ、あり得ないほど激ヤセしてしまったXだが、そのほかにも「目の焦点が定まっていない」「ブログが意味不明で、不気味」など、ネット上ではその言動にたびたび注目が集まっていた。

「つい最近も、近影が報じられた途端に、ネット上で『もはや別人』『病気じゃないの?』などと驚きの声が上がっていました」(同)

 そんなXの薬物疑惑は、今までメディアなどで大々的に取り上げられることはなかったが、ここ最近になって「捜査当局がXの覚せい剤使用に関して、目を光らせるようになった」という情報がマスコミ関係者の間で流れるようになったという。

「組対5課(警視庁組織犯罪対策部第五課)筋から『Xの周辺が騒がしくなる』という話が漏れ伝わってきたんです。かなり前から警察はXに目をつけていたようですが、頭を丸刈りにした頃から、本格的な内偵捜査が行われるようになったそう。これまで検挙された著名人でも、確かに激ヤセや激太りといった体形の変化があったり、薬物使用を調べるための毛髪鑑定対策として、極端に髪の毛を短くするという例は後を絶ちません」(週刊誌記者)

 仮にXが逮捕されれば、清原同様世間に衝撃が走ることは必至。芸能界だけでなく、スポーツ界にも広がる薬物汚染の連鎖は、果たしてどこへ行き着くのか?

最終更新:2016/04/04 16:18
こんな記事も読まれています

清原に続く“薬物疑惑”アスリート浮上! 「激ヤセに丸刈り」「ブログが不気味」のウワサのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

清原和博の逮捕後に巻き起こった“芋づる逮捕報道”も落ち着きをみせているが、今月に入って突...
写真