日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 芸能事務所の「特攻隊」とは?
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

キャバ嬢や風俗嬢でもOK? 看板タレントのために一肌脱ぐ「特攻隊」とは?

makura0514.jpgイメージ画像

 ふと芸能ニュースを見ていると、某大手事務所が看板女優のイベントに取材がたくさんくるよう、事務所内の若手女優に枕営業をさせたという記事が出ていました。大手事務所でもこんなことさせるんだなぁ~なんて思いつつも、昔似たような話があったのを思い出しました。

「そこそこかわいい子で、特攻隊できる子いませんか?」

 アイドル事務所のマネジャーをやっていた頃、とある業界関係者から、そんなことを言われました。特攻隊という意味がわからず、私がきょとんとしていると、「枕営業できる子だよ」という答えが返ってきました。私はびっくりして、担当しているアイドルに枕営業できる子はいないので、即答で断りました。すると、別に私が担当している子でなくても、素人で構わないというんです。

「DVD出せそうなレベルの、キャバ嬢とか風俗嬢いない? タレント志望じゃなくていいから」

 芸能事務所の中には、所属タレントの間にヒエラルキーが存在するところもあります。事務所でプッシュしている子、社長のお気に入り、個々のマネジャーが売りたい子もいれば、とりあえず所属だけさせてみた子だったり、売れたらラッキーレベルの子、使い物になるうちだけ使いたい子もいます。当然、事務所がプッシュする女の子の仕事は厳選され、使い捨てレベルの子はなんでもやらされます。

 例えば、事務所プッシュの一番売りたい子をA子としましょう。会食や顔合わせにはA子を呼び、いろんな人に「A子を使ってください!」と売り込みます。ですが、その後、俗に言う枕営業をするのはA子ではなく、同じ事務所内でヒラエルキーが下になるB子やC子なんです。その枕要員を特攻隊といいます。売りたいA子ではなく、別の子を抱かせる代わりに、A子に仕事をくださいというわけなんです。

 そして、なぜ特攻隊をさせる子を芸能志望者以外からも探すかというと、モメないためです。「売れるためには、枕営業でもなんでもします!」というスタンスの子は、決して少なくはなく、仕事をくれそうな人には自ら望んで抱かれに行く子もいます。ですが、せっかく抱かれたのにその子に仕事がこなかったら、事務所内で不和が生じます。その点、あらかじめ特攻要員としてスカウトしていた芸能志望ではない子を送り込んでいたのだとしたら、そこでモメることはありません。その子には、バイトで稼げる以上の謝礼を支払っておくというわけです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed