じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

向上心はゼロでいい! 哀愁の中年コピーバンド漫画『バンドしようぜ』

文=じゃまおくん

 その昔、宝島社から「バンドやろうぜ」(1988-2004)という音楽雑誌が出ていたのをご存じでしょうか? タイトルが示す通り、バンドマンのための音楽誌という感じで、楽器の通販広告やバンドスコアそして「メン募」がめちゃくちゃ充実していました。当時勢いがあったX(現・X- JAPAN)やBUCK-TICK、ザ・ブルーハーツ、ジュン・スカイ・ウォーカーズなどが音楽シーンを引っ張り、89年には伝説のバンドオーディション番組『イカ天 』(TBS系)も始まる中、モテたい中高生がこぞってイケベ楽器やイシバシ楽器でやっすいギターを買ってバンドをやり始める、いわゆる「第2次バンドブーム」が到来していたんです。

 今回はたぶん、そんな「バンやろ」世代にジャストミートなマンガ『バンドしようぜ』をご紹介します。ヤマハの音楽配信サイト「mysoundマガジン」のWEBサイト上で連載されているマンガなのですが、漂う中年の哀愁といい、向上心がまったく感じられないバンドのダラけた感じといい、時折ぶっこんでくるシュールなギャグといい、とにかく面白い作品。この作品をタダで読ませるヤマハの心意気こそロックだと思うんですよ。

 本作は主人公・ドラムの沢尻肇(45)、ボーカルの菊池ミキ(39)、ギターの佐々木達郎(40)、ベースの土沼孝之(44)による、ゆる~い中年コピーバンド「信濃リバーサイド」にまつわるお話。楽曲はバービーボーイズ、プリンセス プリンセス、パーソンズ、相川七瀬、レベッカなどなど、80~90年代のJ-POPが中心です。

 各話のタイトルが、当時ブームになった曲名になっているところがちょっとシャレオツなんですけど、

「つんめったーい、いっずっみんっにっ、すぅあっしっをっひぃたっしってっ」

 確かに、プリプリの奥居香はこんな感じで歌ってましたよ。だけど、だけど……なんだろう、フキダシ文字にしたとたんににじみ出る、このダサめな感じ。まあ、J-POPのコピーバンドだからダサいってわけじゃないんですけど、おじさんおばさんがやっているとなると、やっぱりある種の哀愁は漂いますよね。

1234

向上心はゼロでいい! 哀愁の中年コピーバンド漫画『バンドしようぜ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真