日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 日常生活との交差点『団地』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.376

叶わなかった未来と愛すべき日常生活との交差点。 阪本順治監督×藤山直美の奇妙なコメディ『団地』

danchi03自治会長の正三(石橋蓮司)たちは引っ越してきてまだ日の浅いヒナ子と清治たち夫婦の噂話で持ち切りだった。

 1962年生まれの是枝監督は、自身の故郷である東京都清瀬市の旭が丘団地でロケ撮影を行ない、哀惜の念を込めてもう戻ることはない家族の姿を描いている。体の大きな阿部寛が団地の浴槽に窮屈そうに浸かるシーンはおかしくて、そして哀しい。一方、関西出身の阪本監督の実家は老舗の仏具店で、お向かいが東映の映画館という商店街で育った。1958年生まれの阪本監督にとって、きっと団地生活は憧れだったに違いない。ちなみに『団地』のロケ地は、栃木県足利市の錦町団地だ。是枝監督は団地生活をリアルかつ愛情を持って描き、阪本監督はファンタジックに捉えている。作風はまるで異なる両作だが、どちらもコミュニティー空間が失われていく切なさが胸に残る。

 子どもの頃に夢見た未来社会は、どこへ消えてしまったのだろうか。どこか遠い星に行けば、あの頃に夢見た理想の世界が待っているのだろうか。近くの団地からひょっこりと顔を出した給水塔を眺めながら、ふとそんなことを考える。
(文=長野辰次)

danchi04

『団地』
脚本・監督/阪本順治 出演/藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工、冨浦智嗣、竹内都子、濱田マリ、原田麻由、滝谷可里、宅間孝行、小笠原弘晃、三浦誠己、麿赤兒 配給/キノフィルムズ 6月4日(土)より有楽町スバル座、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
(c)2016「団地」製作委員会
http://danchi-movie.com

叶わなかった未来と愛すべき日常生活との交差点。 阪本順治監督×藤山直美の奇妙なコメディ『団地』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

『ドラえもん』やSF映画を観て、子どもの頃は21世紀になれば月や火星に自由に行けるように...
写真