日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみがジャケでアヒル口

浜崎あゆみ“緊縛ジャケ写”公開も、話題は“おばさんのアヒル口”に集中「若い子はもう誰も……」

 歌手の浜崎あゆみ(37)の17枚目となるニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』(avex trax/今月29日発売、(A)はロゴ表記)のジャケ写が公開された。

 初回生産限定盤2種、DVD付き、Blu-ray付き、CDのみの全5形態で発売される同作。ジャケ写はそれぞれ異なるものの、すべて浜崎の顔のドアップ。内、通常盤3種は、浜崎の手が縄で縛られている意味深なものとなっている。収録曲について、浜崎サイドは「ayuの深層を抉るような剥き出しの感情が支配するダークでヘヴィーな新曲を多数収録」(公式サイトの原文ママ)などとアピールしており、縄で「感情の支配」を表現しているのかもしれない。

 現在、多くのニュース媒体が「縄で縛られたあゆ」のアートワークについて「衝撃的」「ヘヴィー」などと報じているが、ネット上では“ある点”に話題が集中している。

「縄うんぬんよりも、あゆの“アヒル口”にイラッとする人が続出。これはジャケ写に限らず、彼女のSNSも同様。また、最近、メディア出演の際、なぜか少女が着るような白いワンピースで登場することが多いあゆですが、そのたびに『いくつだよ』と話題に。本人は年齢を隠そうとしているのかもしれませんが、謎の“ピュア押し”が滑稽に映る人は少なくない」(女性誌ライター)

 アヒル口といえば、歌手の華原朋美(41)が昨年、SNSに1カ月で約50点というハイペースで、アヒル口の自撮り写真を投稿。これに、「自分のこといくつだと思ってんの?」「40代で、アヒル口はイタい」「歌声は好きなのに……」と批判が相次いだ。

「一昔前にブームとなったアヒル口ですが、若い子は随分前から誰もやっていない。昨年、テレビ番組で“嫌いな女”を問われた女優の天海祐希が『アヒル口』と答え、多くの視聴者の共感を得ていましたが、アヒル口はいまや“イタい仕草”の代表。しかし、アヒル口をSNSに投稿したがるアラフォー女性は意外と多く、いまや“イタいおばさん”の象徴となりつつあります」(同)

 ニューアルバムを5形態携え、“売る気満々”の浜崎サイドだが、アヒル口の効果は表れるだろうか?

最終更新:2016/06/08 19:30
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみ“緊縛ジャケ写”公開も、話題は“おばさんのアヒル口”に集中「若い子はもう誰も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

歌手の浜崎あゆみ(37)の17枚目となるニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』...
写真