日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 欧州で“世界のキタノ”くらい有名な“無名”日本人監督って?

欧州で“世界のキタノ”くらい有名な“無名”日本人監督って?

20071108_eiga.jpgロカルノ国際映画祭で金豹賞を含む4冠を受賞した、小林監督
(c)FOTOFESTIVAL / MARCO ABRAM

“映画祭男”といえば北野武監督が有名だが、もう1人“小林政広”という監督の名前はご存じだろうか? カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭に次ぐ格式を持つ、スイスのロカルノ映画祭にて、8月、新作『愛の予感』が金豹賞(グランプリ)を含む4冠を受賞。監督自ら主演を務め、台詞は冒頭と終わりだけという非常にユニークなスタイルのインディペンデント作品だ。監督演じる中年男が、生卵かけご飯を黙々と食べる日常が繰り返し映し出される。

20071108_eiga02.jpg『愛の予感』は11/24より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開。
(c)2007 MONKEY TOWN PRODUCTIONS

 彼のフィルモグラフィーを振り返ると、カンヌ映画祭に98年『海賊版=BOOTLEG FILM』(ある視点部門)、00年『殺し』(監督週間)、01年『歩く、人』(ある視点部門)、05年『バッシング』(コンペ部門)と正式出品が続き、 03年の『女理髪師の恋』もロカルノ映画祭で特別大賞に選ばれている。

 世界最大の映画祭カンヌでの受賞こそないが、呼ばれてもないのにカンヌに押し掛けた木村拓哉や香取慎吾に比べ、いかに小林監督がヨーロッパの映画人たちから認められているかがわかる。しかし、それにしては自国での小林監督のネームバリューはあまりに低いのではないか?

 イラク人質事件をモチーフにした前作『バッシング』に続いて、『愛の予感』の配給協力をしているバイオタイドに、胸の内を聞いてみた。

「本当、その通りですね(苦笑)。ヨーロッパのアンチ・ハリウッドな知識層からは、小林監督の独自の作品スタイルは高い評価を受けています。ジャン・リュック・ゴダールと『万事快調』を共同監督したジャン・ピエール・ゴランも『愛の予感』を観て、『すごい作品だ。なぜ短く(102分)したんだ。もっと長くてもいいんじゃないか』と言ったそうです。確かに興行的には楽な作品ではありませんが、作家性のある優れた映画が、日本でなかなか公開できないのはどうかと思いますね」(バイオタイド宣伝・渡辺祐一氏)

 ちなみに小林監督作品には、鈴木京香主演『気仙沼伝説』、石橋凌主演『幸福』とすでに完成しているものの劇場公開が決まっていない作品が、まだ2つある。テレビ局主体のシネコン向け映画が主流を占める邦画界にあって、小林監督の独自性はひときわ異彩を放っているのだ。
(長野辰次)

【関連記事】 『自虐の詩』映画化! ちゃぶ台返しに込めた作者の想い
【関連記事】 『HERO』で溜飲を下げたキムタク“女帝”の意地
【関連記事】 『大日本人』をめぐる芸能マスコミの調子者ぶり
【関連記事】 パリス・ヒルトン、エージェントに見捨てられても大丈夫??
【関連記事】 エリカ様の「腕組み」は、ミャンマーへの平和の祈りだった!?
【関連記事】 自殺する人々を記録したタブー映画!?
【関連記事】 エイベックスはSMAP頼み!? 人形映画に秘められた思惑

最終更新:2008/06/11 17:35
こんな記事も読まれています

欧州で“世界のキタノ”くらい有名な“無名”日本人監督って?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真