日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > “処女キャラ”に潰されたグラドル
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

私服まで指定され、男性との会話も禁止! 事務所が強要する“処女キャラ”に潰されたグラドル

「私、あれだけかわいかったんだから、うまくいけば売れてたよ~。周りの作ったキャラに潰された~!」

 酔っ払うと、彼女は笑いながらそんなことを言いますが、確かにその通りなのでしょう。

 一方の私はといえば、今はフリーで活動していることもあり、特に規制はありません。髪を何色にしようが、いつ切ろうが、撮影がない限り自由です。お酒を飲むツイートもしていますし、部屋が汚いまま動画配信をしたり、自宅ロケをしたりすることだってあり、ある意味やりたい放題。だから、一切仕事に関してのストレスがありません。

 ですが、そんな私もデビュー当初は、周りによって作られた自分を演じていました。“アイドル”らしく前髪を作り、黒髪ロングで、好きな色はピンク、花柄のワンピを着て、つまんねーブログを書いていました。お酒ばかり飲んでいたことや、花柄ではなくてドクロが好きなこと、リアルな気持ち、本音なんて、ほとんどSNSに書いたことはなかったです。前述の彼女ほどではありませんが、そのときはどこか自分のことを上からのぞいているような、妙な感じでした。私はこうだ! ではなく、“さりぃちゃんはこうだからね~”と、まるで自分をあたかも他人のように見ていたのです。

 今の私は、素の自分と仕事の自分に限りなくギャップがなく、SNSの更新や頂いた仕事に対して、なんのストレスも感じません。そして、昔よりも「今のさりぃちゃんが好き」と言ってもらえることが増えました。また時代の流れか、アイドルはこうじゃなきゃ売れない! なんて定義は古く、好きな食べ物はパフェで、趣味は編み物! なんて子は逆にあまりいません。むしろ、変わった趣味嗜好がある子のほうが仕事につながるようになってきたと思います。そうでなければ、暴露キャラの31歳のおばさんがグラドルなんてできないでしょう(爆)。昔なら、31歳のグラドルなんて見向きもされなかったですからね! 「いい時代や!」と思いながら、今日も晩酌しようと思います。

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネージャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/06/21 18:00
12

私服まで指定され、男性との会話も禁止! 事務所が強要する“処女キャラ”に潰されたグラドルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

金なし! 仕事なし! 男なし! 夢見る少女のまま31歳になってしまった、吉沢さりぃです。...
写真