日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国でスズメ数千羽が大量死!

プチ仏教ブームの中国で、スズメ数千羽が大量死! 成り金の浅はかな信仰心の犠牲になる野生生物たち

houjou-1公園近くでスズメを放す市民たち

 中国で、仏教の教えに従ったある行為が、問題になっている。

 6月12日、山東省青島市の町中で、数千羽のスズメが大量死しているのが発見された。中国各地で大気汚染が深刻化する中、野生生物がその被害を被っている……と思いきや、実は大量死したこれらのスズメは、捕らわれた生き物を自然に返すことで功徳を積むという、仏教の「放生(ほうじょう)」によって野に放たれたものなのだ。

 それまで飼いならされていたスズメたちは、自らエサを取ることも、遠くまで飛ぶこともできなかったのだ。また、路上を走る車に轢かれて死んだスズメもいたという。

houjou-2飛ぶことを知らないため、放されても近くでたたずむしかないスズメたち
houjou-3道路でエサをついばんでいるうちに、車に轢かれててしまうスズメも多数

 この「放生」、日本では奈良時代より行われているという。中国でも、最近では熱心な仏教徒たちによって頻繁に行われており、生きている魚や鳥などを養殖場から購入し、念仏を唱えたりしながら野や池に放す行事が各地で行われている。

 この一件には、ネット上でも非難の声が相次いだ。

「人間からエサをもらうことに慣れているスズメが、外で生きられるわけがない」
「飼っている生き物を途中で放り出すようなものだ」
「供養のために生き物を外に放つなんて、単なる人間の自己満足だ」
「放生なんて言いながら、実際は殺生しているのと同じ」
 
 4月にも、北京市北部の懐柔区で、外来種のホッキョクギツネなど約300匹が無許可で山に放生され、一部のキツネが付近で飼われていたニワトリをかみ殺す事件が起きている(北京晩報)。

 放生をめぐる問題について、中国事情に詳しいライターの吉井透氏はこう説明する。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

プチ仏教ブームの中国で、スズメ数千羽が大量死! 成り金の浅はかな信仰心の犠牲になる野生生物たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

中国で、仏教の教えに従ったある行為が、問題になっている。 6月12日、山東省青島市の町中...
写真