トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

嵐、2020年で活動休止!

SMAPに続き、嵐まで…ジャニーズ事務所はどうなる!?
写真

人気連載

伝説の“P盤歌手”二美仁、激動の人生

 北海道札幌在住の演歌歌手、二美仁(本名・村...…
写真

ドラマレビュー

『イノセンス』実験解説が難しすぎ!

(これまでのレビューはこちらから)  坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~...…
写真


日刊サイゾー トップ > その他  > NEWS加藤がSEALDsに賛同!

NEWS加藤シゲアキが「SEALDsには、すごく賛同できます」、改憲反対も示唆! ジャニーズアイドルの勇気

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

katou_160629.jpg制約の多いジャニーズにいながら政治に踏み込み、勇気ある発言をするNEWSの加藤シゲアキ

 原発事故や特定秘密保護法、安保法制、憲法改正など、世論を二分する大きな政治的課題が立てつづけに起こっている近年の日本。そのなかで注目を集めるものに、芸能人による政治的発言がある。

 と言っても、積極的に政治にコミットする欧米の有名人たちにくらべると、日本では芸能人が意見することはまだまだ数少ない。そして、芸能界にも社会にも「芸能人が政治を語るのは如何なものか」といった空気が根強い。とくに安保法の問題では戦争を体験した世代の著名人が次々に声をあげたが、逆に若い世代は空気を読んでか、踏み込んだ発言はなかなか聞かれなかった。

 だが、そんななかにあって、最近、あるアイドルが政治問題に言及した。しかも、ジャニーズ事務所所属のアイドルが、である。

「SEALDsには、すごく賛同できます」

 こう語ったのは、NEWSのメンバーで、小説家としても活躍している加藤シゲアキ。緊急復刊された雑誌「朝日ジャーナル」(朝日新聞出版)で、故・筑紫哲也がインタビュワーを務めた「朝日ジャーナル」の名物インタビュー「若者たちの神々」の復活に伴い、加藤はジャニーズアイドルでありながら小説家でもあるという異色の存在として登場。そのなかで加藤は、昨年夏の国会前デモについて話が及んだ際、SEALDsへの賛同をきっぱりと口にしたのだ。

 SEALDsといえば、メンバーの奥田愛基氏が「FUJI ROCK FESTIVAL’16」への出演が発表されるや否や「音楽に政治を持ち込むな」などという無知蒙昧な批判が飛び交ったばかり。さらに、党首討論で小沢一郎に対して「再婚しないんですか?」とまったく関係のない話をもち出すなど露骨な野党批判をミスリードした社会学者の古市憲寿が、26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で「SEALDsは嫌われてるんですかね?」「(抗議行動のコールが)ダサいラップ」と嘲笑した。

 SEALDsは現在、参院選でも現政権の暴走に歯止めをかけようと野党共闘を呼びかける活動を行っているが、安保法制のときと同様、政権批判を許さない人びとは相変わらず盲目的にSEALDsの揚げ足を取ることに勤しみ、無用なバッシングを展開している。そんな最中にあって、果敢に加藤はSEALDsにエールを送ったのだ。

 加藤は現在、28歳。学生を中心としたSEALDsのおもなメンバーよりも少し年上にあたるが、加藤は現在の日本で若者が置かれている立場、社会状況をこう話す。

「物心ついたころにはバブルははじけていましたから、ずっと不景気だと言われる中を生きているんです。日本が不景気であるのは僕らにとっては当たり前であって、言い方が悪いけど、このままでいいっちゃいいんですよね。今から年金のことを考えろって言われても、40年後の未来なんてわからない。とにかく今を生きるしかない。若い人はそう考えていると思います」

 これだけだと、不景気ななかで若者たちは生活することに精一杯で、政治に無関心なるのも致し方ないことだと加藤が受け止めているようにも読める。しかし、加藤はこう言葉をつづけるのだ。

「ただ、今をしっかり生きていこうとしている以上、極端な政治変革は受け入れにくい。SEALDsに賛同するのもその辺ですね」

 ここで加藤が言及している「極端な政治変革」とは、安保法や憲法改正といった安倍政権が強引に押し進める政治を指していることは間違いないだろう。現政権が掲げる“変革”では、いまという現実をしっかりと生きることもできなくなる。だからこそ、それに抗議するSEALDsに賛意を送りたい。──加藤はそう語っているのだ。

 まさかジャニーズのアイドルが、政権の批判を口にするとは──。たしかに、大先輩にあたるSMAPの中居正広も、昨年夏、『ワイドナショー』において若者の反対デモに松本人志が“対案を出すべき”“平和ボケ”などと権力に迎合してデモに参加する若者たちを批判するなか、「若い子が声をあげるのは、ぼくはいいことだと思う」と明言。さらに中居は「松本さん、この70年間やっぱり、日本人って戦地で死んでいないんですよ。これやっぱり、すごいことだと思うんですよ」と反論したことがあった。

 だが、同じジャニーズと言っても中居は司会者として芸能界に確固たるポジションを築いている人物。それにくらべて加藤はジャニーズという制約の多い事務所のなかで“売り出し中”のアイドルだ。そんな現役アイドルが、政治に踏み込むことはもちろんのこと、政権批判とともにSEALDsへの共感を述べることは、非常にリスクが高い。

 しかし、そうしたリスク以上に、加藤には社会の流れについて考えるところがあったのかもしれない。たとえば、戦後70年目を迎えた昨年の夏にも、加藤は自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組『SORASHIGE BOOK』(Fm yokohama)で、大岡昇平の戦地での体験が基になった小説を塚本晋也が映画化した『野火 Fires on the Plain』を絶賛。『永遠の0』など戦争を美化して描く作品が人気を集めるなかで、塚本監督の『野火』は戦争の現実を包み隠さず描いた反戦映画として高い評価を受けたが、加藤も“ダメージを強く受けることが良い戦争映画のひとつの条件”だと話していた。

 また、加藤は、昨年発表しドラマ化もされた短編集『傘をもたない蟻たちは』(KADOKAWA/角川書店)でも、現役ジャニーズにもかかわらず過激な性描写が話題を集めた。今回のインタビューではこのことについても「タレントとしてはリスキーじゃないですか」と問われたが、加藤は「それはちょっとあります。でも、そのリスクを背負わないで作家をやるのは嫌ですね」と語っている。

 作家ならば当然リスクを引き受ける。この態度は、政治に言及した発言でも同じだったのだろう。今回のインタビューでは、なかには首を傾げざるを得ない発言なども見受けられたが、アイドルが権力批判という現在の日本社会でもっとも敬遠される話題に踏み込んだことは、新しい流れを感じさせるものではあると言えそうだ。
(大方 草)

最終更新:2016/06/30 07:30
こんな記事も読まれています

NEWS加藤シゲアキが「SEALDsには、すごく賛同できます」、改憲反対も示唆! ジャニーズアイドルの勇気のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

グッドワイフ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

トレース~科捜研の男~

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

後妻業

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

初めて恋をした日に読む話

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

さすらい温泉 遠藤憲一

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

刑事ゼロ

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

ハケン占い師アタル

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

メゾン・ド・ポリス

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

イノセンス 冤罪弁護士