日刊サイゾー トップ > その他  > 森喜朗の勘違い国歌強制にマスコミ沈黙

森喜朗が”独唱”を”斉唱”と取り違え五輪代表に「国歌を歌え」! でも政権とネトウヨに怯えるマスコミは一切批判せず

 さらに不可解だったのが、スポーツ報知だ。3日20時すぎに「森喜朗会長、国歌「斉唱」と「独唱」を勘違い? 選手に強い口調で苦言」というタイトルの記事を打ったのだが、ほどなく削除。まったく違うタイトルの記事に差し替えた。内容も一部修正している。

 報知といえば読売グループのスポーツ紙だが、本サイトでも繰り返し指摘しているように、最近の読売は、官邸の顔色を忖度する体質が蔓延している。今回の記事タイトル差し替えも、政権や日本オリンピック委員会からの抗議、あるいはネトウヨの“電凸”を受けてのものという可能性もあるが、いずれにしても過剰な自主規制であることは間違いない。

 過剰な自主規制という意味では、実は第一報を報じた朝日も、同じ。事実関係として斉唱でなく独唱だったことは書いているものの、森の間違いとは指摘していない。完全に腰が引けているのだ。

 いったい、メディアのこの及び腰はどういうことなのか。今回の出来事は、裏の取りきれないスキャンダルでも、政権の政策を真っ向から批判するようなものでもない、たかだか失言癖のあるトンデモ元首相の勘違い発言に、何をビビっているのか。

 おそらくは、「愛国心」「日の丸」「君が代」というワードの前に、思考停止してしまっているのではないか。権力者側が明らかな勘違いをしているにもかかわらず、政権やネトウヨに「反日」「非国民」と抗議されることを怖れて勘違いの事実さえも報道しない。

 問題は、スポーツの場に愛国心をもち込むべきか否か、国歌を強制すべきか否か、というレベルのことではない。それ以前の問題だ。

 これでは「反日」「非国民」という言葉の前にメディアが思考停止し、軍部の暴走を許した、戦中のような状況と変わらない。大袈裟な話ではなく、メディアの萎縮が相当ヤバいところまで来ている。
(エンジョウトオル)

最終更新:2016/07/05 07:30
12
こんな記事も読まれています

森喜朗が”独唱”を”斉唱”と取り違え五輪代表に「国歌を歌え」! でも政権とネトウヨに怯えるマスコミは一切批判せずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真