日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 声優 on FINDER!  > “にゃんたぶぅ”がすべてを変えた
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.41

「ずっと、がむしゃらな生き物だった」【並木のり子】“にゃんたぶぅ”との出会いが、すべてを変えた

IMG_7670

 元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の41回目! 今回は『テニスの王子様』芝砂織や『ハンター×ハンター』マチ、またエコうたユニット“にゃんたぶぅ”リーダーのんたんとしても活躍中の並木のり子さんが来てくれました!

――デビューした作品のことは今でも覚えていますか?

並木 もちろん覚えていますよ! 『ドラゴンリーグ』(1993年)っていう、サッカーと恐竜ブームが来たときにできたアニメでした。恐竜と動物と人間が一緒にサッカーをするんですけど、私はネズミンっていうネズミの男の子役でデビューでした。けど、すぐに恐竜の三兄弟のイグ・アノ・ドンのアノ役、それからその後に出てきたマリアナ姫の役もやることになって……。

――えっ、一つの作品でそんなに? ちょっと多すぎませんか?

並木 最初から声を大幅に変えて、いろんな役をやることが多かったんです。

――デビュー作から大活躍ですね! かなり喉を酷使されませんか?

並木 しますねぇ~。『超ぽじてぃぶ!ファイターズ』(2004年)っていう日本ハムファイターズの応援アニメをやったときは、野球のチーム9人中8人演じてました。1人だけしゃべらないキャラで、あとの8人は全員! あのときはずっと叫んでいたので、喉もカスッカスになってしまって、行きつけのお医者さんに「どうにかして~!」って泣きついたりしてましたよ(笑)。

――声優さんって、通常は一作品でそんなに何役もやらないですよね??

並木 たぶん、そのときの監督や脚本の方に「並木のり子にそういうのをやらせる」っていうのが流行っちゃったみたい……(笑)。その後の『RAGNAROK THE ANIMATION』(2004年)っていう韓国のオンラインゲームのアニメ化でも、カプラサービスっていう6人のキャラクターを全員私がやりました。あの時は幸せでした!

――素晴らしい声幅の広さ! やっていて混乱しませんか? 「あ、今はこの声じゃなかった!」みたいな……。

並木 それが、そう思ったことは一度もないんです。わりと頭の中で整理されるみたいで、ある意味ちょっとした特技なのかな? 大変ですけど、声を変えてたくさんのキャラクターを演じるのは大好きなんですよ。

――なるほど~。ちなみに、並木さんは初めから声優志望だったんですか?

並木 もともとは聖子ちゃんが好きで、歌手になりたかったんです。でも、小学6年生のときに、『セクシーボイスでよかったら』(別冊フレンドKC/1984年/著者かやま ゆみ)っていう単行本を読んで、「声優さんってこういう感じでやってるんだ!!」って衝撃を受けたんです。それからずっと声優志望というか、「自分は声優になる」って決めてましたね。


123456
こんな記事も読まれています

「ずっと、がむしゃらな生き物だった」【並木のり子】“にゃんたぶぅ”との出会いが、すべてを変えたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さ...
写真