日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > スッチーの卵たちが泥まみれで…

泥まみれのナマ足に大興奮! 中国・スッチーの卵たちが毎年恒例の稲刈り

taue-1昨年行われた田植えの模様。泥に浸かったナマ足が、妙に色っぽかった

 秋の気配が近づき、中国農村部では収穫の季節を迎えようとしている。四川省成都市郊外にある農家では早くも稲刈りが始まっており、同市の客室乗務員養成学校に通う十数人の女子学生たちがそこを訪れた。

 スッチーと農村といえば、昨年5月に「中国スッチーの卵たちが制服姿で“セクシー”田植え」というニュースをお伝えしたが、どうやらこれは毎年行われているようで、しかも秋になると、ちゃんと収穫までお手伝いしているようだ。

taue-2稲刈りに向かう学生たち。何人かは農民っぽい衣装を着ているが、下はスカートのまま
taue-3彼女たちの稲刈りが、どこまで農家の役に立ったかは不明である

 昨年の田植えの際には、新聞の取材に対して同学校の校長は「これは、わが校の道徳授業の一環。学生たちを労働に参加させて、感謝と思いやりの心を養わせ、自分たちが毎日食べているお米一粒一粒は、農家の人たちがどれだけ苦労して作っているのかを身をもって体験してもらうためです」と答えている。学校PRとして行っていることは間違いないが、それでも、きちんと収穫までフォローしているところは偉い。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

泥まみれのナマ足に大興奮! 中国・スッチーの卵たちが毎年恒例の稲刈りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

秋の気配が近づき、中国農村部では収穫の季節を迎えようとしている。四川省成都市郊外にある農...
写真