日刊サイゾー トップ > 芸能  > セックスシーン満載の海外ドラマ
【ビッグ☆セレブ】

1話に1回過激セックスシーン!? エロすぎて痛快すぎる海外ドラマ『ストライクバック』

 10年にスタートし、世界中で大反響を巻き起こしている海外ドラマ『ウォーキング・デッド』。その最新シーズンが先月末から配信開始され、とんでもない衝撃展開に度肝を抜かれた視聴者も多いことだろう。ネタばれになるので控えるが、ゾンビものでありながら人間の怖さを描いてきた同作は、今後もその路線を加速させるようだ。

 そんな『ウォーキング・デッド』と同じように、海外ドラマには「〇〇なのに××」といった印象を受ける作品が多い。たとえば、14年に開始して現在シーズン5まであるイギリスのテレビドラマシリーズ『ストライクバック』などは、極秘部隊がテロリストと戦う痛快エンターテイメント作品でありながら、ドキリとする刺激的なセックスシーンのオンパレードになっている。

 物語の舞台は、特殊任務を遂行するイギリス軍の秘密部隊「セクション20」。いわゆるアメリカのCIA的な組織だが、その規模は意外とこじんまりしており、主なメンバーは5~6人といったところ。そこに所属する凄腕の諜報員であるふたりの男が主人公だ。

 世界を舞台に困難なミッションに挑むタフガイは、ストーンブリッジとスコットのコンビ。マジメで冷静沈着なストーンブリッジはアメリカ人俳優のフィリップ・ウィンチェスターが、大胆不敵でチョイ悪なスコットはオーストラリア出身のサリバン・ステイプルトンが演じている。

 このふたりがテロリストを追う物語は、ときに「やりすぎだろ」と思う部分もあるが、単純明快で爽快感も抜群。『24』や『ホームランド』といった対テロものが好きな人には、たまらない海外ドラマに違いない。

 そんな娯楽作品だが、超過激なセックスシーンも満載。それを演じるのは、とにかく女好きで女性にモテまくるスコットだ。


12
こんな記事も読まれています

1話に1回過激セックスシーン!? エロすぎて痛快すぎる海外ドラマ『ストライクバック』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...…
写真