日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『IQ246』シーズン2への歪んだ期待

TBS『IQ246~華麗なる事件簿~』推理については、もうあきらめよう! 「シーズン2」への歪んだ期待

iq1128TBS系『IQ246~華麗なる事件簿~』番組サイトより

 日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)は第8話。SMAPの稲垣吾郎メンバーがゲスト出演したこともあって、視聴率は前回の10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から0.3ポイントアップの10.3%となりました。稲垣メンバーの持っている数字が0.3ということでしょうか。来年以降、メンバーじゃなくなる吾郎ちゃんは大丈夫なんでしょうか。

 さて、泣く子も黙る“ドラマのTBS”が、「IQ246の天才・法門寺沙羅駆が難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決する本格ミステリー」であり、「大人も楽しめる上質のミステリー」として放送している『IQ246』ですが、その評判は総じて「脚本がヒドイ」というもののようです。実際ここまで、謎解きや知能戦については「本格」「上質」とは、とても言えないような穴だらけのトリックをゴクゴクと飲まされて、このレビューでも、さんざん悲鳴を上げてまいりました。

 で、今回。今までとの大きな違いは、主人公・沙羅駆(織田裕二)が殺人事件の濡れ衣を着せられて捕まってしまったこと。これにより、倒叙ではなく純然たる“犯人探し”のミステリー形式になりました。

 この、沙羅駆が捕まるくだりも、令状もなしに急に法門寺邸に刑事が踏み込んできて任意同行を求め、いつの間にか拘置所で寝泊まりしているという恐るべき“いい加減さ”で描かれますが、もういいです。奏子(土屋太鳳)のパソコンがハッキングされて捜査報告書が流出したときに、画面に「holmonji_report.exeは、悪意あるユーザーにより攻撃されています」とか、ものすごいバカ文面が出ちゃってるけど(.exeって!)、いいんです。今回はそういうことを書きたいわけではなく。

 結論から言って、今回の『IQ246』は、おもしろかったんです。もちろん、急に事件が魅力的になったわけではないし、その推理はあいかわらず、偶然と後出しと強引な飛躍に頼っただけの、お粗末なものでした。

 それでも、身柄を拘束された沙羅駆の指示を受けながら捜査に奔走する奏子と執事・賢正(ディーン・フジオカ)の関係性に重きを置いた今回は、とっても見やすかったし、楽しかったんです。

 要するに、得手不得手の問題なんですよね。3人体制で臨んだ今回の『IQ246』脚本家陣は、確かに「気持ちよく事件を解決させる」というロジカルな快感に、あまり力を注ぐタイプではなかった。その反面、沙羅駆と奏子の断絶とか、賢正の忠誠心とか、そういう浪花節的な人物描写は丁寧に積み重ねてきてたんですね。今回、沙羅駆が奏子を認める段になって初めて気付くんです。「ああー、わりと丁寧に積み重ねてきてたな」と。気付いて、ちょっと感動して、気持ちよくなる。今回のラスト、初めて奏子の名前を呼んだ沙羅駆を、なんだか好きになる。土屋太鳳のプリケツも愛らしく思えてくる。


12

TBS『IQ246~華麗なる事件簿~』推理については、もうあきらめよう! 「シーズン2」への歪んだ期待のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)は第8話。SMAPの稲垣吾郎メンバー...
写真