日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『地味にスゴイ』で男根ネタ

石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”! 『逃げ恥』に逆転された要因は?

ishiharasatomi0205.jpg

 石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の最終回が7日に放送されました。もう、悦子(石原)のコッテリファッションが見られないと思うと、少しさみしいです……。ちなみに、最終回の平均視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、全話平均は12.4%。途中で『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に逆転されたものの、健闘したと言えそうです。

 今回の悦子は、憧れのファッション誌「LASSY」の編集長から呼び出され、「本気度を見せてもらいたい」と、巻頭特集の企画書を期限までに提出するよう言い渡されます。森尾(本田翼)から「企画書がうまくいったら、絶対に次の人事で『LASSY』に異動になるよ!」と言われ、悦子もすっかりその気に。

 そんな中、大御所ミステリー作家の本郷(鹿賀丈史)の最新作を盗作と訴えるWEB小説家が出現。告発文によれば、WEB小説家が3週間前に発表した作品『悪魔の階段』と、本郷の小説『ゼロ知識証明』が酷似していると主張し、期限までに回収しないと「週刊誌にリークする」といいます。確かに、ほとんど同じ内容ですが、本郷が盗むとは思えません。

 本郷の潔白を証明するため、ゲラと『悪魔の階段』を照らし合わせる校閲部員たち。その結果、本郷の小説に登場する架空の祭「おぱっぽ祭」が「“おぱっぽ”は、青森のごく一部で男根を指す言葉」という理由から、念校の時点で「おんじゃばしら祭」に変更されていたことが発覚。これにより、ゲラが盗まれたのは再校と念校の間だということが判明します。この、校閲で謎解きをする感じは、ワクワクしますね。さすが最終回!

 このシーンに、ネット上の青森県民が「おぱっぽなんて使わないよ。ちんこって言うよ」「お母さんに聞いたけど、知らないって言われた」などとザワついているようですが、おそらくドラマ独自の設定かと。ちなみに、青森県では男性器のことを「はど」や「かも」と呼ぶ地域があるそうですよ。勉強になりますね。


12
こんな記事も読まれています

石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”! 『逃げ恥』に逆転された要因は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の最終回が7日に放送...
写真