日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『地味にスゴイ』で男根ネタ

石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”! 『逃げ恥』に逆転された要因は?

 出版社内の防犯カメラに犯人らしき姿が映っていないことから、盗まれたのは「ゲラが本郷の手に渡っている間」と判断した悦子たちは、早速本郷の元へ。すると、本郷は大学時代のゼミ仲間らと温泉に行った際、ゲラを持っていったといいます。しかし、「友人を疑うようなことはできない。出版は中止しなさい」の一点張りです。

 当然、納得できない悦子は、ゼミ仲間の家を訪れる本郷を尾行。その友人は、本郷の顔を見ると、「みんなが酔いつぶれた後、スキャンした」と、盗作をあっさり告白。その友人は、作家志望だったこともあり、本郷を妬んでいたといいます。この後、悦子も加わり、夢はいくつあってもいいが、全てを手に入れるなんて虫がよすぎるとか、でも諦める必要はないとか、熱いやり取りがしばらく飛び交い、盗作事件は一件落着しました。

 そんなこんなで、盗作事件にかかりきりになっていたせいで、「LASSY」の企画書の締切りに間に合わなかった悦子。一方、“地味にスゴイ”職業の人たちに取材したノンフィクション作品『東京B-SIDE』を書き上げた幸人(菅田将暉)に対し、「今、幸人くんの胸に飛び込んだら、甘えちゃって、夢を追うことから逃げちゃう!」と、「LASSY」の編集者という夢をかなえるまで、“友だち以上、恋人未満”の関係を続けさせてほしいと伝えます。28歳という設定の悦子ですが、受験生みたい。『逃げ恥』はそろそろ、ガッキーと星野がおセックスしそうな勢いですが、こちらは最後までプラトニックでした。

 ラストシーンでは、校閲という仕事に誇りを持つようになった校閲部員たちが、悦子の影響で足を使って事実確認をするシーンが流れ、終了です。

 最終回は「夢」がテーマでしたが、このドラマの現実離れした部分も含め、全体的に“夢のようなドラマ”でした。また、お仕事ドラマは、「自分とは関係ない」という目線で見てしまう作品が多いですが、同作は後半に進むにつれ、“全ての働く人”に届く内容にシフトしていったのが、お見事でした。なお、有料動画サービス『Hulu』では、石原抜きの校閲部を描いたオリジナルドラマが配信中。江口のりこが大活躍していますよ!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

最終更新:2016/12/08 23:00
12
こんな記事も読まれています

石原さとみ『地味にスゴイ』最終回でまさかの“男根ネタ”! 『逃げ恥』に逆転された要因は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の最終回が7日に放送...
写真