日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 本気の“おバカ珍兵器”

滑稽すぎる! 戦争が生み出した本気の“おバカ珍兵器”『マンガ 本当にあった! 世界の珍兵器コレクション』

 壁に直接爆薬を当てて、撃破するという戦法だ。想像してほしい。爆弾を積んだ巨大な車輪が誰も操縦することなく突き進んでいく。もし、段差があれば跳ねてしまうし、登り坂があれば、止まってしまう。運が悪ければ、機雷同士が接触する。味方陣営の方に向かっていかないとも限らない。

 そんなことは、誰にでも容易に想像できるだろう。こういったナンセンスともいえる話がいくつも紹介されている。珍兵器の発想から、ドイツやイギリス、アメリカ、ソ連、日本それぞれの国の傾向、置かれている現状を考えるのも面白い。

 兵器を開発している人々は必死だ。しかし、現代を生きる我々からは過去の愚行を喜劇として見ることができる。いつかそう遠くない将来、現代の兵器が喜劇となる日がくるのだろうか。
(文=二木知宏[スクラップロゴス])

最終更新:2016/12/26 22:30
12
こんな記事も読まれています

滑稽すぎる! 戦争が生み出した本気の“おバカ珍兵器”『マンガ 本当にあった! 世界の珍兵器コレクション』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

「人生は近くで見ると悲劇だが、 遠くから見れば喜劇である」これは喜劇王チャールズ・チャッ...
写真