日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 出場枠拡大でW杯は面白くなくなる?

出場枠拡大でW杯は何がどう面白くなくなるのか? 日本にとっての大きなデメリットとは

 反対の声が多いのは事実だが、その国のレベルによって捉え方が違うということなのだろう。では、日本から見てこの方式のメリットとデメリットはどこにあるのだろうか?

「アジアの出場枠は今の4.5枠から8.5枠になるとされています。これは日本にとってかなりのメリットといえるでしょうね。予選での試合数が減る可能性もあり、ヨーロッパとアジアを行き来する海外組のコンディションも安定します。相手国にも余裕が出るので、いわゆる“中東の笛”に泣かされることも減るかもしれません。しかし、デメリットもこのアジア枠拡大にあると思います。日本のように、サッカーが完全には根付いていない国にとって、アジア予選はファンの注目度を高める重要な大会になります。“絶対に負けられない戦いが、そこにはある”と、テレ朝が謳っていますが、実際そうでもなくなってしまうんですよ。予選の注目度が下がれば、当然ライトファン層が選手の名前を覚える機会も減り、本戦への興味も失われてしまいます。これは経済的にみても日本サッカー界にとって大きなデメリットだと思いますよ」(同ライター)

 出場枠が現在の32カ国に増えたのは実は意外と最近で、日本が初出場した1998年フランス大会からだ。これにより、アジア枠が増えて日本は常連国になる事ができた。“簡単ではないけど、なんとか出場できる”32カ国は、日本にとっていろいろな意味で“ちょうどいい”数字だったのかもしれない。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2017/01/13 20:00
12
こんな記事も読まれています

出場枠拡大でW杯は何がどう面白くなくなるのか? 日本にとっての大きなデメリットとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

今月10日、2026年大会よりワールドカップ出場枠を32カ国から48カ国に拡大するとFI...
写真