日刊サイゾー トップ > 芸能  > ハイスタ横山健は「カッコだけの男」

“ゲス不倫”でイメージ崩壊のHi-STANDARD・横山健、先輩からは「カッコだけの男」と酷評も

ゲス不倫でイメージ崩壊のHi-STANDARD・横山健、先輩からは「カッコだけの男」と酷評もの画像1Hi-STANDARD公式サイトより

 タレントのマギーとの不倫が報じられたパンクバンド・Hi-STANDARDの横山健に、ファンの失望が止まらない。破天荒なイメージのパンクロッカーとはいえ、これまで家族愛や社会正義について叫んできたカリスマ的な人物とあって、意外な“ゲス不倫”には「ガッカリ」の声が乱れ飛んでいる。

「いつもライブで家族一番みたいなこと言ってたのに不倫なんて嘘つかれた気分」

「家族を大事にしてるイメージがかっこよかったのに、不倫が本当なら、作られたイメージだったって感じ」

「ファンの子に手を出したってぐらいなら許せるんだけど、20代前半のハーフモデルって選択がミーハー感丸出しでガッカリ」

 これらネットのSNSなどで散見される意見で、逆に「パンクだから不倫はカッコいい」と称える者もいたが、横山のファンは、その音楽のみならず生きざまに惚れる傾向が強く、そこに強い家族愛が含まれていたのは事実だ。

 横山はメロディック・パンクがブームとなっていた1991年にHi-STANDARDを結成して大人気となったが、若い世代の青春パンクブームが到来していた2000年に活動休止。長いソロ活動を経て、11年にバンド活動を再開させると、反原発イベントなどにも参加して、安倍晋三首相や自民党政権批判をメディアで叫んでいた。

 妻との間には05年と09年に生まれた2人の息子がおり、その名前を腕に入れ墨し、ライブでは事あるごとに家族への愛を叫んでいた。

 昨年12月もラジオで「ミュージシャンとしての活動が多く、育児が疎かになって申し訳ないと思った」と語るなど、何かにつけ家族愛を引き合いに出していた。

 今回の不倫報道は、写真誌「FRIDAY」(講談社)がマギーの自宅に通う密会時の写真を掲載し、2人がマギー司会の音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)で知り合ったことや、ちょうどマギーがオレンジレンジのメンバーと破局した昨年8月ごろから関係が始まったことなどが伝えられた。積極的な物言いで知られる両者が、これにまったく反応していないことを見れば、おおむね記事が事実であろうとみられている。

 ただ、ショックを受けるファンを横目に「横山は、みんなが思っているような人間ではない」と断言する音楽関係者もいる。


12
こんな記事も読まれています

“ゲス不倫”でイメージ崩壊のHi-STANDARD・横山健、先輩からは「カッコだけの男」と酷評ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

タレントのマギーとの不倫が報じられたパンクバンド・Hi-STANDARDの横山健に、ファ...
写真