日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > マン汁は究極の媚薬だった!?

マン汁は究極の媚薬だった!? 自分の膣分泌液を混ぜた香水をつけてデートした結果……

マン臭は究極の媚薬だった!? 自分の膣分泌液を混ぜた香水をつけてデートしたら……の画像1イメージ画像(Thinkstockより)

 かつて、ココ・シャネルは「香水をつけない女に未来はない」と言い放ち、クリスチャン・ディオールは「香水は筆跡以上に、その女性の人柄を表す」と説いた。どちらもファッションだけでなく、香水でも有名な高級ブランドの創始者である。

 歴史をさらにさかのぼると、絶世の美女だったといわれるクレオパトラは、毎日バラの香水風呂に浸かり、動物性の香料であるジャコウを使った香油を体の隅々まで塗り込んでいた。これで古代ローマの支配者だったカエサル(シーザー)やアントニウスらを魅了していったといわれている。

 それほどまでに香水は、今も昔も、世の女性たち、特に欧米の女性たちにとって自分の魅力をアップさせるための重要な手段のひとつとなっている。

 そんな中、アメリカのロサンゼルスに住むアリソン・ラミレスという女性が、男性を魅了する香水をめぐって、ある実験を試みた。それはなんと、自分の膣内から分泌される体液、つまり膣分泌液を香水にしたらどうなるかというものだった。その結果がアメリカの女性誌「コスモポリタン」のサイトに掲載された。

 男性を惹きつける媚薬的な香水として自分の膣分泌液をつけているという女性の話を知り合いから聞いたラミレスさん、最初は「気持ち悪!」と思ったものの、少し興味を覚えたという。なぜそんなことをするのか? そして、本当に効果があるのか? と……。

 さすがに“マン汁”をそのまま体につけるのには抵抗があったので、香水の専門家に相談して、シダーウッドとローズ、ジャコウを調合した香水にマン汁を混ぜることに。まずは綿棒を股間に差し入れてマン汁をたっぷり含ませると、その綿棒を香水にさっと浸し、手首や首、おっぱいの谷間といった、香水をつけると効果的といわれるポイントに塗ってみることにした。果たして、その効果は、いかなるものだったのか?


12
こんな記事も読まれています

マン汁は究極の媚薬だった!? 自分の膣分泌液を混ぜた香水をつけてデートした結果……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

かつて、ココ・シャネルは「香水をつけない女に未来はない」と言い放ち、クリスチャン・ディオ...
写真