日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 次期「日曜劇場枠」は捨てゲーム?

キムタク『A LIFE』で制作費がかかりすぎて……次期「TBS日曜劇場枠」は捨てゲーム?

 現在放送中のTBS日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』の後枠として、長谷川博己主演の刑事ドラマ『小さな巨人』がオンエアされることがわかった。

 同ドラマは、ノンキャリアでは警視庁の最高峰となる「捜査一課長」を目指していた主人公・香坂真一郎(長谷川)が、ある取り調べの際にミスを犯して、所轄へ左遷。そこで、小さな事件でも己の正義を信じて挑む同僚たちと出会い、香坂も自分の正義を信じ、“悪”と対峙していくというオリジナルストーリー。

 香坂と同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦役には、岡田将生を起用。そのほか、安田顕、駿河太郎、手塚とおる、木場勝己、春風亭昇太の出演が決定。香坂の刑事人生を大きく変える捜査一課長・小野田義信役には超大物俳優が、ヒロインとなる人事課の新人職員・三島祐里役には注目の若手女優がキャスティングされるという。

 長谷川は文学座出身の実力派俳優。『家政婦のミタ』(日本テレビ系)、NHK大河『八重の桜』、『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)などで存在感を発揮し、連ドラ主演は、『鈴木先生』(テレビ東京系)、『雲の階段』(日本テレビ系)に続き、4年ぶり3度目となる。

 また、昨年7月に公開された主演映画『シン・ゴジラ』は、興行収入80億円を超える大ヒットなり、「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞を受賞するなど、絶好調だ。

 ただ、ドラマの主役となると、「数字を持っているかどうか」が重要な要素。『鈴木先生』は1~2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷。『雲の階段』も最終回以外、すべて1ケタで平均9.3%に終わっており、「演技力があっても地味」「主役より脇役で光るタイプ」というのが、視聴者の一般的な長谷川評だ。

 それだけに、『小さな巨人』も、長谷川以外のキャストに懸かっているといってもよさそうだが、それも“地味”というしかない。


12
こんな記事も読まれています

キムタク『A LIFE』で制作費がかかりすぎて……次期「TBS日曜劇場枠」は捨てゲーム?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

現在放送中のTBS日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』の後枠として、長谷川博已主演の刑事...
写真