日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ノンスタ井上のカレンダーが話題

NON STYLE・井上裕介の『まいにち、ポジティヴ!』が今さら話題に!?「タイムマシンなんていらない」って……

NON STYLE・井上裕介の『まいにち、ポジティヴ!』が今さら話題に!?「タイムマシンなんていらない」って……の画像1

 NON STYLEの井上裕介が2年前に発売した日めくりカレンダー『まいにち、ポジティヴ!』(ワニブックス)なる商品が、一部ファンの間で話題となっている。

 これは「毎日が楽しすぎる」と言い切っていたポジティブキャラの井上の格言が31ページ掲載された日めくりカレンダーなのだが、ひき逃げ事件の後にこれを読み返してみると、なんとも皮肉な内容になっているというのだ。

 実際に商品を見てみると、「人生の幸せランキングで1位をとる」とか「僕の笑顔は世界一」といった井上の前向きな言葉が、笑顔の写真とともに飛び込んでくるのだが、パラパラとページをめくっていくと12日目には「悲しい涙より、うれし涙を流そう」とあった。確かにこれは、いま見れば先の号泣会見を思い出さずにはいられない。

 井上は昨年12月のひき逃げによる道交法違反で2月に書類送検されたが、翌月に不起訴処分となり、号泣会見を経て舞台で仕事復帰したばかり。だが、事故については謎が残ったのも事実だ。

 当初は「事故を起こしたことを世間に知られたら大変なことになると思った」と警察の聴取に事故後の逃走を認めていたのに、その後は「当たったとは気付かなかった」に主張が変化。それだけに、あの大泣き会見にも「必要以上に号泣して事件の内容に注目がいかないようにしたのでは」という厳しい見方もあったほど。「うれし涙を流そう」と言っていた当人が「悲しい涙」に終始したのも、皮肉な話だ。

 18日目「タイムマシンなんていらない」は、「自分がしてきた決断や行動に責任を持ちたいから」と補足も書かれているが、これも今の井上なら、タイムマシンはぜひほしい機械だろう。20日目「立ち止まることを恐れるな」も、やはり“止まらなかった”ひき逃げ事件を想像せずにはいられない。「立ち止まらず、進みつづけろ!ってカッコいい。でも、たまには止まってもいいと思う」とも書かれているが、止まるべきは井上だった。


12
こんな記事も読まれています

NON STYLE・井上裕介の『まいにち、ポジティヴ!』が今さら話題に!?「タイムマシンなんていらない」って……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

NON STYLEの井上裕介が2年前に発売した日めくりカレンダー『まいにち、ポジティヴ!...
写真