日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美、馬術に脚光も……

本業不振の華原朋美が、異様なハイテンション! 馬術に脚光で「事務所が安堵」も……

本業不振の華原朋美が、異様なハイテンション! 馬術に脚光で「事務所が安堵」も……の画像1

 歌手の華原朋美がノリノリだ。本業の歌手業が伸び悩む中、特技の馬術で神風が吹いたのだ。

 高校時代、国体で4位に入賞するほどの馬術の腕を誇る華原は、23年のブランクを経て昨年、『炎の体育会TV』(TBS系)で競技を再開。5月に出場した大会では12位に終わり涙を飲んだが、昨年10月に開催された馬術の国内大会「ジャパンオープン」で優勝。今年3月に静岡県で開催された国際大会「国際馬術大会 in掛川」にも出場した。

 華原は、8月21日からドイツで行われる1週間の馬術短期留学への参加も決定。日本馬術連盟も全面バックアップしているという。

 スポーツ紙記者は「ドン底時代を経て、2012年末に歌手活動を再開した華原さんですが、正直パッとしなかった。本人がプロモーションから何まで、全部自分で決めたがる性格なのも、災いしたのかもしれません。復帰後、思い描いていたビジョンと現実が違い、精神的に不安定になる時期もあったとか。今回、馬術で脚光を浴びることになったのは“渡りに船”。本人も再び注目を集めることができ、異様なハイテンションのようです」と明かす。

 合宿は日本代表に通ずる登竜門。長期ブランクのあった華原が2020年東京五輪の代表に選ばれるのは容易ではないが「本人はまんざらでもない」(同)という。

「落選後のことを考えると、気が気ではないが、今は彼女がゴキゲンだから事務所サイドも好きにやらせているようだ」とは芸能プロ関係者。馬術が“心のリハビリ”になっているようだ。

最終更新:2017/04/19 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

本業不振の華原朋美が、異様なハイテンション! 馬術に脚光で「事務所が安堵」も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

歌手の華原朋美がノリノリだ。本業の歌手業が伸び悩む中、特技の馬術で神風が吹いたのだ。 高...
写真