日刊サイゾー トップ > 芸能  > ペギー葉山さん、趣味はPCだった

「亡くなることなんて永遠になさそうな人だった」追悼・ペギー葉山さん、晩年にもメールを使いこなす若々しさ

 4月12日に肺炎のため83歳で急死した歌手・ペギー葉山さんは、パソコンが趣味のひとつだった。

 6年ほど前に取材した際、出演イベントの案内を自らパソコンでメール送信してきてくれたことがあったが、パソコンの苦手な高齢者が多いため、てっきりマネジャーか事務所関係者かと思ったのだが、本人だった。かなり使い慣れている様子で「自分で資料を作ることもあるし、遊びでも使うのよ」と言っていた。

「自分より若い歌手の方に、操作方法を教えてあげているぐらいなの」

 なんとも若々しい方だった。ペギーさんは、まだ学生だった戦後の時代から、進駐軍のキャンプで歌うジャズバンドのシンガーとして活動を開始し、1952年にレコードデビュー。59年の「南国土佐を後にして」が200万枚のメガヒットとなり、一躍スターとなった。

 翌年、米ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌「ドレミの歌」を「ドはドーナツのド」と自身で訳した日本語版カバーがヒット。65年には俳優の根上淳さん(2005年に死去)と結婚。70年代にヒットした特撮ドラマ『ウルトラマンタロウ』ではウルトラの母の役を好演した。

 これまで2,000曲以上を発表、昨年も新曲「おもいでの岬」をリリースしていた。今年はデビュー65周年で、2月には都内で開かれた「キングレコードオールスター歌謡パレード」にも最年長歌手として出演。「歌は元気とエネルギーと生きる力を与えるもの」と話し、ここでもオープニングで「南国土佐を後にして」を歌い、ラストもヒット曲「学生時代」で締めた。

 さらに、3月にもステージに上がっていたペギーさんは、まさにエネルギッシュというべき人だった。芸能関係者によると「死の直前まで絵文字の入ったメールでやりとりをしていたほど」というから驚きだ。


12
こんな記事も読まれています

「亡くなることなんて永遠になさそうな人だった」追悼・ペギー葉山さん、晩年にもメールを使いこなす若々しさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

4月12日に肺炎のため83歳で急死した歌手・ペギー葉山さんは、パソコンが趣味のひとつだっ...
写真