日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 福原愛が“お花畑”ツイート連発

日本代表大躍進! 『世界卓球』熱戦の裏で、福原愛が“お花畑”ツイート連発中……

日本代表大躍進! 『世界卓球』熱戦の裏で、福原愛がお花畑ツイート連発中……の画像1

 連日、日本人選手のメダルラッシュに沸いた卓球の世界選手権。特に今大会は若い世代の躍動が目立ち、“ハリケーン”平野美宇がシングルス、“みまひな”伊藤美誠&早田ひながダブルスでそれぞれ銅メダル、エース石川佳純に至っては混合ダブルスで金メダルを獲得している。

「生中継したテレビ東京は5月29日~6月4日のゴールデンタイムの平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、民放3位に躍進。開局以来、初の快挙となりました」(テレビ誌ライター)

 一方、彼女たちが激闘を繰り広げている最中、あの元エースのTwitterがファンをあきれさせていたという。いまやすっかり“あの人は今”状態と化している福原愛だ。

 6月2日、中国版Twitter「微博」に投稿した夫の江宏傑選手とのノロケ話が、あまりにも“お花畑”すぎた。

「朝に夫を見送るため起きようとすると、夫はいつも『起きなくていいよ、そのまま寝てて』と言ってくれる」
「起きると夫が朝食を用意してくれている」
「結婚してから自分で携帯すら充電したことない」
「食器洗いや掃除も手伝ってくれる」
「これじゃいけない。いい奥さんにならなくちゃ」

などなど。

「福原は昨年9月に結婚。今年の元日に台湾で開いた結婚披露宴に続き、2月5日には東京ディズニーリゾートでも大々的に2度目の披露宴を開催しました。しかし、結婚当初は祝福していたファンも、年をまたいで5カ月以上もSNSでノロケまくるイタイ姿に辟易。『何回おめでとうって言わす気だ!』とアンチが急増しました」(週刊誌記者)

 今回の投稿が日本に伝わると、案の定、アンチたちが過剰反応。「妻より稼ぎ悪い夫の典型パターン」「暇で暇で時間が有り余ってそう」「ダメになった時にかなり恥ずかしくなる」「これ以上、嫌いにさせないで」など、バッシングの“ハリケーン”が吹き荒れている。

「中でも最も多かったのが『することないなら、卓球の練習を再開したらいいのに』というコメントです。福原は引退せずに国籍も日本のままで、2020年の東京五輪を目指すことを明言していますから、後輩とはいえ、東京を目指すなら平野たちはライバル。それなのに、危機感を募らせている様子が微塵も感じられません。東京五輪はレポーターとしての参加になるのでは?」(前出記者)

 せめてタレント価値だけは維持できるよう、福原は不用意な発言でこれ以上アンチを増やさないほうが賢明だろう。

最終更新:2017/06/07 06:00
こんな記事も読まれています

日本代表大躍進! 『世界卓球』熱戦の裏で、福原愛が“お花畑”ツイート連発中……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

連日、日本人選手のメダルラッシュに沸いた卓球の世界選手権。特に今大会は若い世代の躍動が目...
写真