日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 宮崎駿の“ディズニー化”!?

愛知県「ジブリパーク」裏の狙いは宮崎駿の“ディズニー化”!?「宮崎駿の銅像も……」

愛知県「ジブリパーク」裏の狙いは宮崎駿のディズニー化!?「宮崎駿の銅像も……」の画像1

 スタジオジブリの協力を受け、アニメーション映画監督の宮崎駿が描いた『となりのトトロ』などの作品の世界観をテーマにしたテーマパーク「ジブリパーク」が、愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園敷地内に整備される。すでにこの公園には2005年に開催された愛知万博のパビリオンのひとつだった「サツキとメイの家」があるが、これらの施設を拡大させ、20年代初めのオープンを目指すとしている。

 そんなテーマパークだが、その裏には大きな目的があるという。

「宮崎駿氏をウォルト・ディズニー氏のような後世に残る偉人にする狙いがあるんです。東京ディズニーランドやディズニーシーのように、映画の世界観をアトラクションに反映させて人々を楽しませる。そういうテーマパークをつくろうとしているようです」(映画関係者)

 宮崎氏もすでに76歳。オープンする頃には80歳を超えてしまうことになるのだが、そのテーマパーク内には、宮崎氏の銅像も設置される予定だという。

 前出の映画関係者は「銅像ができることすらまだ内密にされており、公表されていませんが、その銅像をジブリパークの名物にしたいようです。東京ディズニーランドではワールドバザールの大屋根をくぐると、ちょうど目の前にシンデレラ城とウォルト・ディズニー氏の銅像が目に飛び込んできます。イメージはあんな感じです。ウォルト・ディズニー氏とミッキーが手をつないでいる銅像の前に立つと、背景にはシンデレラ城が写り、まさに記念撮影にぴったりの場所となっています。そんな場所をジブリのテーマパーク内にも設けようとしています。つまり名物になるようなレガシーがあれば、宮崎氏の存在も後世に残るという考えです。これまでの功績をたたえる意味でも欠かせないものとなりそうなんです」と話す。

 テーマパークが完成するまで、まだまだ時間はかかりそうだが、どんなアトラクションや公園施設ができるのか。そして、どんな銅像ができるのか、大いに注目されそうだ。

最終更新:2017/06/07 20:00
関連キーワード

愛知県「ジブリパーク」裏の狙いは宮崎駿の“ディズニー化”!?「宮崎駿の銅像も……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真