日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 闇クリニックから日本人の臓器

17歳少女経営の闇美容クリニックが摘発! 現場から日本人女性の“臓器”が押収される

17歳少女経営の闇美容クリニックが摘発! 現場から日本人女性の臓器が押収されるの画像1違法クリニックを経営していた17歳の少女

 中国メディア「都市快報」(7月12日付)によると、浙江省杭州市で、無許可で美容クリニックを経営し、医療行為や医薬品販売を行っていたとして、17歳の少女が逮捕された。

 高校中退後、フリーター生活をしていた少女は、「外見の良さが収入の良さにつながる」と実感。二重整形や小顔整形などの美容外科手術にハマっていった。

 さらに少女は、自身の美容整形歴をSNSで報告。「ビフォー・アフター」写真を公開する一方で、美容用の医薬品や医療器具をネット販売するようになった。

 警察の調べでは、こうした商品を原価の3倍ほどで販売しており、高収益を上げていたようだ。

 さらに今年3月には、美容クリニックを開業。ボトックスやヒアルロン酸などの注射を自ら行っていたという。医師免許はもちろん看護師免許も持たない少女だったが、医薬品に関する知識や注射方法は「独学で覚えた」のだという。

 同紙が記事で伝えているのはここまでだが、掲載された写真に押収品として映っている薬剤の数々に、「メルスモン」とカタカナで表記されたものが見える。

 メルスモンとは、日本の製薬会社「メルスモン製薬」が製造・販売している乳汁分泌不全および更年期障害の治療を目的とした注射薬だ。その原料はヒト胎盤であり、特定生物由来製品として、厳格な管理が義務付けられている。投与にあたっては、医師の処方のもと、病院内で行わなければならない。


12
関連キーワード

17歳少女経営の闇美容クリニックが摘発! 現場から日本人女性の“臓器”が押収されるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

川口春奈抜擢は不幸中の幸い?

  新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラ...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真