日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 度が過ぎた?ホストクラブ営業停止

太客マダムからの高額プレゼントが大炎上! ”半裸ホストクラブ”が営業停止処分に

上半身裸のホストたちがお出迎えするのがお決まり。

 金持ちの女性を相手にした中国上海の高級ホストクラブが摘発され、話題になっている。1月25日、上海市内中心部にあるクラブ「白馬会所」が、地元公安警察により営業停止に追い込まれた。同店は、いわゆるホストクラブ。上海中心部の静安区にあり、店舗面積は約 1,600平方メートル。VIPルームが17部屋あった。

 同店の親会社は、中国全土でクラブ、バー、ヨットクラブなどを展開している大企業。ホームページを見ると、2年前にはサッカー元スペイン代表アンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)を招待したパーティーも行っている。

 過去に同店がSNSに投稿していた、上半身裸のマッチョなイケメンが入り口の両サイドに並んで客を出迎えたり 、そろいのアーミー服でポーズを決めた様子などが写っていた(現在は削除)。また、同店でホストとして働くには、身長180センチ以上、イケメン、オシャレなファッションといった条件があったとされる。

 富裕層の女性を相手にしているだけあって、チップは最低1,000元(約1万6,000円)から。今回、SNSにアップされたある投稿を公安が問題視、摘発に動くこととなった。

 習近平政権は不正や汚職を厳しく取り締まっているが、同時に、度が過ぎる金持ちの道楽にも厳しい目が向けられている。

 きっかけとなったのは、あるホストが28歳の誕生祝いの様子をアップした投稿だった。

「昨日の夜、上海白馬会所で、金主(*)28個もの贈り物をくれた。未払いのツケを払ってくれただけでなく 、純金のコップももらった。27歳の時のプレゼントはアウディだった」

(*お金をくれる人の意味、ここでは有閑マダムのような女性客を指すものと思われる)

 これがネット上で大炎上し、同店での過去の馬鹿騒ぎの様子も発覚。さらに、くだんのホストが実習中の医学生だという個人情報などもさらされる羽目になった。

 一度この店に行ったことがあるという、飲食店を経営する30代女性は「上海では結構有名な店でした。私が行った時は、そこそこ格好良いホストを指名して2,000元(約3万2,000円)以上チップを払った。でも、さすがにちょっと高すぎるかな 」と話す。

 この騒動、あるインフルエンサーが「上海出身の有名女性歌手が同店の常連客だ」と暴露するなど 、まだまだくすぶり続けそうだ。

最終更新:2019/02/14 21:00
こんな記事も読まれています

太客マダムからの高額プレゼントが大炎上! ”半裸ホストクラブ”が営業停止処分にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真