日刊サイゾー トップ > 芸能  > 古舘がふなっしーディスり炎上!

古舘伊知郎と坂上忍が、ふなっしーの“裏の顔”をディスり炎上!「屈辱的」「ただの悪口」

古舘伊知郎と坂上忍が、ふなっしーの裏の顔をディスり炎上!「屈辱的」「ただの悪口」の画像1

 古舘伊知郎と坂上忍が20日、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で、ふなっしーのイメージを損ねるような発言をし、波紋を呼んでいる。

 番組では、上西小百合衆院議員がTwitter上でサッカーの浦和サポーターを批判した騒動を紹介。スタジオ出演者たちが上西議員の行動に「理解できない」と顔をしかめる中、コメンテーターの古舘が「(上西議員を)“公人として”って言うと、『なんなんだよ!』ってなっちゃうけど、ゆるキャラだと思ったらどうですか?」と提案。

 さらに、「前にねえ、僕、ふなっしーと楽屋が隣同士だったことあるんですけども、ゆるキャラだと思ったら、ふなっしー、結構きつめに『楽屋ないのか!』って個人部屋要求してましたよ」と暴露。

 これに大爆笑した司会の坂上が、「確かに僕らの中でもね、結構ふなっしーね、きつめのキャラクターでね、ちょっと有名」と付け加えた。

 この物言いに、ふなっしーファンが激怒。ネット上では「ふなっしーに対してあんな侮辱的な発言をして、俺ら梨友が黙ってるとでも思ったら、大間違いだからな」「ふなっしーが仕事に真剣な人だったってだけの話じゃん。ミッキーに『あ、その辺で着替えてください』って言ったらヤベーの誰だってわかるでしょ」「こんなの単なる悪口だろ あの被りもので相部屋なんて……用意する方も気が利かなすぎだろ」「ふなっしーはイベントで得た収入を震災で被害を受けた町や市の復興のために寄付してるんだぞ」といった声が相次いでいる。

「確かに、ふなっしーは現場で注文が多いことで有名ですが、それと楽屋問題は話が別。古舘のように薄い根拠で安易にディスれば、ふなっしーファンが怒るのも当然です。また、この話の流れだと、ふなっしーが、まるで上西議員のように無鉄砲に暴言を吐いているとも受け取られかねません」(芸能記者)

 視聴率不振に喘いでいた『バイキング』は3年前、当時、人気絶頂だったふなっしーを「夏休みSPレギュラー」として目玉ゲストに呼んだことも。

「話題作りのため、当時『嵐よりも潜在視聴率が高い』と言われていたふなっしーに出てもらったこともある『バイキング』ですが、ふなっしーの人気が下火となった今、司会の坂上が手の平を返したことも、ふなっしーファンは不快に感じているようです」(同)

 プロ意識の高さなどから、未だに熱狂的ファンも多いふなっしー。古舘と坂上の“悪口”で、多少のイメージ崩壊は免れなさそうだ。

最終更新:2017/07/22 01:04

古舘伊知郎と坂上忍が、ふなっしーの“裏の顔”をディスり炎上!「屈辱的」「ただの悪口」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

ヴァンゆん炎上、シバターの美学

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

古舘伊知郎と坂上忍が20日、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で、ふなっしーのイメー...
写真