日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 「食」のエロさはどこにある?
【wezzy】

「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点

メディアではしばしば、「食」が性的なメタファーとして利用されがちです。ソーセージにバナナにマンゴー、赤貝……。やたらめったら棒状の食べものを咥えさせられる女性たちに、単に形や言葉の響きが似ているというだけの理由で、性的な意味合いを押し付けられる食べものたち。食と性が巧みに重ね合わされている場合も多くあるものの、「お前何も考えてないだろ!」と言いたくなる、陳腐なポルノ化の例が少なくないのも現状です。

近頃炎上した、サントリーによる新商品「頂(いただき)」のPR動画『絶頂うまい出張』と、宮城県の観光PR動画『涼・宮城の夏』もその一例です。

出張先で出会ったという設定で、全国各地の女性たちに、とうきびや博多明太子など、ひたすら棒状の名物を食べさせては「コックゥ〜ん!しちゃった……」という飲精を彷彿とさせる台詞で締めくくらせる『絶頂うまい出張』と、昭和の日本的エロスの象徴ともいえる壇蜜を起用し、「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」、「肉汁とろっとろ、牛のし・た」など、仙台名物に性的なイメージをこれでもかと結びつけてみせた『涼・宮城の夏』。これらのPR動画については、女性軽視や性別役割の固定化、ハラスメントや性暴力を容認する表現であるという批判が相次いでいます。しかしその問題とは別に、こうした表現の背景にある「食とセックス」の安直な結びつけについても、今一度考えてみる必要があるように思います。

『涼・宮城の夏』動画における壇蜜の台詞が性的なものとして捉えられるのは、「ずんだ餅」が勃起した陰核、牛タンが濡れた小陰唇のメタファーとして機能しているからでしょう。ずんだ餅は陰核に“似ているから”エロい、牛タンは小陰唇に“似ているから”エロい――しかしそこにあるのは特定の食品と性器との、きわめて記号的な結びつきにすぎません。

たとえばあのずんだ餅の、鮮やかな若草色をかぶった、上品ながらもどこか親しげな寝姿。むっと立ち昇る枝豆の青っぽくも香ばしい匂い。舌をほぐすような甘みと、その奥に潜むかすかな塩気。噛み締めるたび歯にしがみついては、名残惜しげに離れていく餅のいじらしさ。荒く潰した粒々が楽しげに舌を撫ぜる感じ。粉っぽく炊いた豆にはない、爽やかな喉ごし……。

あるいは厚く切った牛タンの、花のように赤い切り口。焦げた肉の香りに、筋肉質でありながら柔らかく歯を受け入れ、たっぷり蓄えた肉汁を惜しげもなくこぼしてくれる強さと寛容さ。そして、真にエロティックな牛タンを味わいたければ、焼きもいいですが何といってもタタキです。輝く脂に濡れた桃色のタンに、山盛りになった青葱。香り付け程度のポン酢にくぐらせ、葱をたっぷり挟んで口に運ぶと、舌先を押し当てるだけでとろけて裂けていくような柔らかさ。それでいて気持ちのいい歯ごたえもあって、噛んでも噛んでもおいしい汁が湧き出てきて、喉を潤してくれる。際限なくあふれでる肉のうまみに、いつまでも口に入れていたいと飲み込むことを躊躇うほどでした。

何かとても尊いものと舌を絡ませ、せめぎあっているような感覚。これは人間の舌が経験しうるもっとも官能的な行為ではないか……。奇しくもPR動画が燃え盛っている真っ最中に、生まれ故郷の仙台へ里帰りしていた筆者でしたが、このような体験をした後では、壇蜜の囁く「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」も「肉汁とろっとろ、牛のし・た」も、陳腐な洒落にしか聞こえなくなります。

食のエロスは「正しいセックス」のレプリカじゃない

食物に性的な意味合いを見出すこと、もちろんそれはいいでしょう。どんな食べ物や物体、行為であっても、多かれ少なかれ性的な側面や魅力を持っているはずだと、私は考えます。おいしい食べ物はときに、たんなる食欲を超えた欲望をかきたてる形で私たちを誘惑しますし、すばらしい食事の体験は気の遠くなるような恍惚を伴うことがあります。しかし、ある食物を性器と見なし、食べる行為を性交の一過程と見なすということは、そのものに固有の魅力や可能性を削ぎ落とし、「性器」「性交」という狭い意味の枠に押し込めてしまうという結果になりはしないでしょうか。

『絶頂うまい出張』の動画では、ご当地グルメは男性器のメタファーでしかなく、「頂」は精液のメタファーでしかありません。各地で愛され育てられてきたご当地グルメを味わうよろこびや、仕事終わりにおいしいビールを飲むという体験の快さは、そこでは完全に無視されています。『涼・宮城の夏』におけるずんだ餅や牛タンも、それらが本来持っているエロティックな魅力は削ぎ落とされており、誰もが性的だと認める(ということになっている)女性器や男性器のレプリカ=下位互換としてしか、その価値を認められていないのです。

性的だと解釈されうるもの・ことのルーツを、男性器や女性器との類似性のみに求めてしまうこと。これは性器こそが「正しい性欲」の対象であり、それ以外のものは本来性欲を向けるにふさわしくない、ただの代用品であるということを意味します。ではなぜ性器だけが特権化されているのか? その根底にあるのは、生殖につながる男性器と女性器の結合こそが「正しいセックス」であるという考え方です。

メディアにあふれる「食事=セックス」、「食物=男性器あるいは女性器」という陳腐な記号化は、「男性器を女性器に挿入して、射精に至ることこそが正しい性交のモデルである」というこうした固定概念を人知れず補強してしまうものでもあります。もちろん世の中のすべての人が、異性との性器結合に重きをおいているわけではないはずですが、「この世の性的なもの・ことは、すべて異性間における性器結合の下位互換なのだ」という認識は、意識的であれ無意識的であれ、多くの人びとの間で共有されているように思います。この認識は、たとえば同性を愛する人に向けて「男(女)にもてないから同性に走ったんでしょ」「男(女)同士じゃセックスできないじゃん、どうやってするの?」「同性同士じゃ子どももできないのに」といった、無配慮な言葉を引き出させてしまうものではないでしょうか。

壇蜜のセクシーな囁きがなくたって、セックスのメタファーじゃなくたって、ずんだ餅も牛タンもとびきりエロい。それは決して、私たちをオーガズムに導いてくれるものではないかもしれないし、はっきりと一言で表せるものでもないかもしれません。ですがこの曖昧で「正しくない」性愛の形は、唯一無二の魅力を持つ、可能性と広がりに満ちたエロティシズムなのだと思います。
(餅井アンナ)

最終更新:2017/08/02 07:15
こんな記事も読まれています

「食」のエロさはどこにある? ご当地グルメポルノ化動画『頂』『涼・宮城の夏』の炎上で忘れられていた視点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

あなたの番です

日本テレビ/日曜22:30~

田中圭&原田知世が交換殺人に巻き込まれる!?

ラジエーションハウス

フジテレビ/月曜21:00~

月9初主演の窪田正孝が天才放射線技師に!

パーフェクトワールド

フジテレビ/火曜21:00~

松坂桃李と山本美月がおくる“王道”ラブストーリー

わたし、定時で帰ります。

TBS/火曜22:00~

吉高由里子が「働き方新時代」のニューヒロインに!

白衣の戦士!

日本テレビ/水曜22:00~

中条あやみ&水川あさみがW主演!

ストロベリーナイト・サーガ

フジテレビ/木曜22:00~

二階堂ふみ&亀梨和也コンビで人気作をリメイク

インハンド

TBS/金曜22:00~

山Pが義手&ドSの天才科学者に!

きのう何食べた?

テレビ東京/金曜0:12~

西島秀俊&内野聖陽のオトナBL・節約グルメドラマ

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ピエール瀧、コカインで逮捕!

“名バイプレイヤー”の不祥事に業界激震! NHK大河、出演映画はどうなる!?
写真
人気連載

日テレとジャニーズ“癒着の証明”

 日本テレビの夏の恒例企画『24時間テレビ4...…
写真
ドラマレビュー

『あな番』はVS秋元康で楽しめ?

 4月14日よりスタートしたドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)。このドラマの企...…
写真